「平成30年度 全日本学生室内テニス選手権大会(第55回)」(大阪府吹田市・江坂テニスセンター/本戦11月28日~12月2日/室内ハードコート)の本戦5日目/最終日は、男女シングルス決勝が行われ、男子は第2シードの島袋将(早大3年)が第4シードの今村昌倫(慶大2年)を6-2 6-2で退け、優勝を飾った。

 昨年は両者ともにベスト4。今年はお互いにひとつ階段を上がり、決勝で顔を合わせた。立ち上がりはお互いサービスキープに苦しみ、第5ゲームまでブレーク合戦。しかし3-2から島袋がキープに成功すると、そこから一気に島袋のペースとなった。

画像: 強気で攻め込んだ島袋

強気で攻め込んだ島袋

「リターンの調子がよかった分、サービスが戻ればチャンスはくると思っていた」と島袋が言う。3-2からの第6ゲームをキープして4-2としたことで気持ちが落ち着き、そこからは「のびのびとできるようになった」と試合を振り返った。

 攻守の見極めが的確だった。「ラリーも付き合うところは付き合って、いけるところは打っていった」。リズムを取り戻せない今村を浅いボールで前に誘い、高い軌道やスライスを駆使して翻弄し、着々とポイントを重ねた。

 第2セットもコートを支配していたのは島袋だった。第1ゲームと第5ゲームでブレークに成功すると、自身はオールキープで優勝を決めた。途中からは「(今村が)苦しんでいるのがわかった。最後まで集中して戦うことができた」と笑顔を見せた。

画像: 準優勝に終わった今村

準優勝に終わった今村

 昨夏のインカレに続いて、冬のインカレ室内を制した。「うれしいし、ホッとしている」と安堵の表情を見せたが、卒業後はプロ転向を考えている。「学生タイトルに満足せず、もっと大きな大会でも結果を出せるように」と最後は気を引き締めた。

 準優勝に終わった今村は「ノーチャンスでした」とポツリ。序盤こそ食い下がっていたものの、サービスキープができずに「気持ちがしんどくなってしまった」。気持ちが引いてしまったことで先手を許し、受け身に回ってしまった。

画像: 試合後の握手を交わす島袋(右)と今村

試合後の握手を交わす島袋(右)と今村

 今村にすれば接戦に持ち込み、得意のストロークで対抗したいところだったが、サービスの不調でそれができなかった。「もう少し踏ん張りたかった」と残念がったが、島袋がそれを許さなかった。

「次、頑張ります」と今村が言う。優勝は逃したが、テニス自体は格段にレベルアップしている。「(準決勝で)羽澤にも勝ったし、もっとやれると思います」と今村。向上心を忘れなければ、まだまだ伸びる選手だ。

(編集部◎牧野 正 写真◎毛受亮介)

※トップ写真は、優勝を決めた第2シードの島袋将(早大3年)

This article is a sponsored article by
''.