「平成30年度 全日本学生室内テニス選手権大会(第55回)」(大阪府吹田市・江坂テニスセンター/本戦11月28日~12月2日/室内ハードコート)の本戦5日目/最終日は、男女シングルス決勝が行われ、女子は第2シードの清水映里(早大2年)が第1シードの松田美咲(亜大2年)を6-4 6-2で下して2連覇を飾った。

 決勝の舞台に駆け上がったのは、やはりこの2人だった。同じ2年生で同じレフティー。ジュニア時代から同じ埼玉で切磋琢磨で成長してきた清水と松田。現在の大学テニス界では、この2人の強さが抜きん出ていることに異論はないだろう。

 決勝に相応しい激しい打ち合い。強烈にスピンのかかったボールが行き交う。3-1と先にリードしたのは松田だったが、そこから4ゲーム連取で清水が5-3と逆転。第1セットは6-4で清水が奪った。

「無駄なミスはしたくなかった」と清水。強打に頼らず、相手に打たせることも考えながら、落ち着いて試合を進めた。第1セットを先取できたことで「少し余裕ができた」。松田の強打を受け止め、交わしながら、チャンスでは強気に攻め込んでいった。

画像: 「落ち着いて戦うことができた」と清水

「落ち着いて戦うことができた」と清水

 松田のプレーは悪くはなかったが、清水をショットで上回ろうとしているように見えた。「決められたくないと思って打ちすぎてしまった」と松田が言う。そこでミスが出た。状況を見極め、相手にプレーさせた分、清水がポイントを手に入れた。

 第2セットも2-2から清水が4ゲーム連取して優勝を決めた。1年生ながら優勝した昨年よりも「今年のほうがずっとうれしい」のは、言うまでもなく、宿命のライバルを決勝で倒しての優勝だからだ。

画像: 松田は悔しい準優勝

松田は悔しい準優勝

「出し切れなかった。悔しいです」と松田。「もっと相手にプレーさせればよかった」と反省し、「我慢が足りなかった」と口にした。のどから手が出るほど欲していた全国タイトルだったが、今夏のインカレに続き、またも準優勝に終わった。

 松田と戦っている清水は本当に楽しそうだった。松田は楽しいというよりは優勝したいという気持ちが強すぎたかもしれない。気持ちが入り込んでしまった分、攻め急ぎ、先にミスが出てしまった。

画像: トップ2シード対決は第2シードの清水(左)が勝利

トップ2シード対決は第2シードの清水(左)が勝利

 プロ顔負けのラリーだった。まだ2人とも2年生だが、大学卒業後はプロ転向を目指している。大きな目標があるから頑張れるし、お互いの存在が刺激となり、励みになっている。2人の熱い戦いは、これからも続いていくだろう。

(編集部◎牧野 正 写真◎毛受亮介)

※トップ写真は、2連覇を決めて喜ぶ第2シードの清水映里(早大2年)

This article is a sponsored article by
''.