今年最後の国内ジュニア全国大会「JOCジュニアオリンピックカップ 第39回 全日本ジュニア選抜室内テニス選手権大会」(12月13~16日/兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)の競技2日目は、ラウンドロビンの最終戦と順位別トーナメント1回戦が行われた。

 この大会は、全国選抜個人戦、全日本ジュニアのU18とU16、インターハイのシングルス優勝・準優勝者を中心に高体連及びJTAから推薦された選手、全国9地域のテニス協会から選出された選手など、合わせて男女各16人で争われる18歳以下のジュニア全国大会。1組4人のラウンドロビンで組内の順位を決めたあとに順位別のトーナメントが行われる。

 男子の決勝トーナメントは、A組1位の白石光(SYSテニスクラブ)がB組1位の三井駿介(アクトSC)を7-5 6-4で、D組1位の松田康希(湘南工大附高)はC組1位の池田朋弥(誉高)を6-2 7-5で破り、それぞれ決勝に進出した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号

順位別トーナメント|男子

決勝トーナメント1回戦

○1白石光(SYSテニスクラブ)7-5 6-4 ●2三井駿介(アクトSC)

○3松田康希(湘南工大附高)6-2 7-5 ●4池田朋弥(誉高)

2位トーナメント1回戦

○1丹下将太(早稲田実業高)7-6(6) 6-4 ●2高畑里玖(相生学院高)

○4藤原智也(東山高)6-3 5-7 6-4 ●3平野太陽(TEAM YONEZAWA)

3位トーナメント1回戦

○1手嶋海陽(岩国ジュニアTC)6-3 7-5 ●2板本新太(SEEKERSTT)

○3有本響(桜田倶楽部)6-3 7-6(7) ●4中村元(新田高)

4位トーナメント1回戦

○2小川智裕(柳川高)6-0 6-0 ●1五味一貴(日大山形高)

○4吉野郁哉(西宮甲英高)6-1 7-5 ●3小泉熙毅(さくら野火止TA)

男子1次リーグ

A組

○1白石光(SYSテニスクラブ)6-1 6-3 ●4平野太陽(TEAM YONEZAWA)

●2吉野郁哉(西宮甲英高)5-7 6-7(7) ○3有本響(桜田倶楽部)

グループ順位|A組

1位 白石光(3勝)
2位 平野太陽(2勝1敗)
3位 有本響(1勝2敗)
4位 吉野郁哉(3敗)

B組

●1丹下将太(早稲田実業高)3-6 3-6 ○4三井駿介(アクトSC)

●2小川智裕(柳川高)3-6 6-3 [7-10] ○3手嶋海陽(岩国ジュニアTC)

グループ順位|B組

1位 三井駿介(3勝)
2位 丹下将太(2勝1敗)
3位 手嶋海陽(1勝2敗)
4位 小川智裕(3敗)

C組

○1池田朋弥(誉高)7-6(5) 6-4 ●4高畑里玖(相生学院高)

○2中村元(新田高)1-6 6-2 [10-4] ●3小泉熙毅(さくら野火止TA)

グループ順位|C組

1位 池田朋弥(3勝)
2位 高畑里玖(2勝1敗)
3位 中村元(1勝2敗)
4位 小泉熙毅(3敗)

D組

●1藤原智也(東山高)2-6 6-1 [7-10] ○4松田康希(湘南工大附高)

●2五味一貴(日大山形高)0-6 2-6 ○3板本新太(SEEKERSTT)

グループ順位|D組

1位 松田康希(3勝)
2位 藤原智也(2勝1敗)
3位 板本新太(1勝2敗)
4位 五味一貴(3敗)

※写真は予選リーグD組を1位通過して決勝進出を果たした松田康希(湘南工大附高)
撮影◎毛受亮介

This article is a sponsored article by
''.