ITF(国際テニス連盟)男子フューチャーズ大会の「Begum Kulsum Saifullah ITFフューチャーズ選手権」(パキスタン・イスラマバード/12月10~16日/賞金総額1.5万ドル/ハードコート)のダブルス決勝で、第4シードの福田創楽(イカイ)/野口莉央(明治安田生命)は第3シードのダルコ・ヤンドリッチ(セルビア)/キム・チョンウィ(韓国)に3-6 4-6で敗れた。試合時間は1時間13分。

 福田と野口は、今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。野口はキムとのペアで同会場で行われた前週の大会を制していたが、2週連続優勝はならなかった。

 今大会での福田/野口は、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のミューダサー・ムルタザ/ムザミル・ムルタザ(ともにパキスタン)を6-0 7-5で、準々決勝でドミトリー・ミヤフコフ(ロシア)/Saida'lo SAIDKARIMOV(ウズベキスタン)を6-3 6-4で、準決勝では第1シードのアントン・チェーホフ(ロシア)/カイ・ウェーネルト(ドイツ)を6-3 6-1で下して決勝進出を決めていた。

 ふたりはシングルスにも出場していたが、ともに準決勝で敗れていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

日本人選手の結果

シングルス準決勝

●32野口莉央(明治安田生命)[2] 7-5 3-6 3-6 ○24カイ・ウェーネルト(ドイツ)[4]

●9福田創楽(イカイ)[3] 0-6 3-6 ○1キム・チョンウィ(韓国)[1]

シングルス準々決勝

○32野口莉央(明治安田生命)[2] 6-3 6-2 ●29ハミドレザ・ナダフ(イラン)

○9福田創楽(イカイ)[3] 3-6 6-3 6-3 ●13ダルコ・ヤンドリッチ(セルビア)

シングルス2回戦

○32野口莉央(明治安田生命)[2] 6-2 6-3 ●29Saida'lo SAIDKARIMOV(ウズベキスタン)

○9福田創楽(イカイ)[3] 6-1 6-0 ●11アントン・チェーホフ(ロシア)

シングルス1回戦

○32野口莉央(明治安田生命)[2] 6-2 6-2 ●31ムハンマド アビッド アリー カーン・アクバル(パキスタン)[WC]

○9福田創楽(イカイ)[3] 6-3 6-3 ●10アレクサンドル・パブリウチェンコフ(ロシア)

ダブルス決勝

●5福田創楽/野口莉央(イカイ/明治安田生命)[4] 3-6 4-6 ○12ダルコ・ヤンドリッチ/キム・チョンウィ(セルビア/韓国)[3]

ダブルス準決勝

○5福田創楽/野口莉央(イカイ/明治安田生命)[4] 6-3 6-1 ●1アントン・チェーホフ/カイ・ウェーネルト(ロシア/ドイツ)[1]

ダブルス準々決勝

○5福田創楽/野口莉央(イカイ/明治安田生命)[4] 6-3 6-4 ●7ドミトリー・ミヤフコフ/Saida'lo SAIDKARIMOV(ロシア/ウズベキスタン)

ダブルス1回戦

○5福田創楽/野口莉央(イカイ/明治安田生命)[4] 6-0 7-5 ●6ミューダサー・ムルタザ/ムザミル・ムルタザ(パキスタン)[WC]

※写真は全日本選手権での福田創楽(イカイ)
撮影◎宮原和也


This article is a sponsored article by
''.