「オーストラリアン・オープン2019 ワイルドカード・プレーオフ」(オーストラリア・メルボルン/12月10~16日/ハードコート)が開催され、各種目の優勝者が出揃った。

 男子シングルス決勝は、第3シードのジェームズ・ダックワース(ニューサウスウェールズ州)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したルーク・サビル(南オーストラリア州)を6-3 5-7 7-5 7-6(2)で下して優勝を飾った。

 優勝したダックワースは、2019年1月に開催されるオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン)に本戦ワイルドカードで出場する権利を獲得した。

 この大会はオーストラリアン・オープンの国内ワイルドカード選考大会。男女シングルス(各16ドロー)と女子ダブルス(8ドロー)が行われ、各種目の優勝者に翌年のオーストラリアン・オープンでの本戦出場権が与えられる。本大会は年明けの1月14日にメルボルン・パークで開幕する。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

男子の試合結果

男子シングルス決勝

○12ジェームズ・ダックワース(ニューサウスウェールズ州)[3] 6-3 5-7 7-5 7-6(2) ●7ルーク・サビル(南オーストラリア州)[WC]

男子シングルス準決勝

○7ルーク・サビル(南オーストラリア州)[WC] 6-2 6-4 6-1 ●1アレックス・ボルト(南オーストラリア州)[1]

○12ジェームズ・ダックワース(ニューサウスウェールズ州)[3] 6-7(4) 7-5 6-1 6-3 ●13マーベリック・ベインズ(クイーンズランド州)[6]

男子シングルス準々決勝

○1アレックス・ボルト(南オーストラリア州)[1] 6-2 6-7(6) 6-2 6-0 ●4アキラ・サンティラン(クイーンズランド州)[5]

○7ルーク・サビル(南オーストラリア州)[WC] 7-5 3-6 6-2 7-6(3) ●6デイン・ケリー(ビクトリア州)

○12ジェームズ・ダックワース(ニューサウスウェールズ州)[3] 6-3 6-4 3-6 6-3 ●10リンキー・ヒジカタ(ニューサウスウェールズ州)[WC]

○13マーベリック・ベインズ(クイーンズランド州)[6] 6-4 6-7(3) 1-6 6-0 6-2 ●16ジョン パトリック・スミス(クイーンズランド州)[2]

男子シングルス1回戦

○1アレックス・ボルト(南オーストラリア州)[1] 6-3 6-4 7-6(5) ●2アレクサンダー・ブキッチ(ニューサウスウェールズ州)[WC]

○4アキラ・サンティラン(クイーンズランド州)[5] 6-1 7-5 6-4 ●3ジェイコブ・グリルズ(ビクトリア州)

○6デイン・ケリー(ビクトリア州)4-6 6-1 6-4 6-3 ●5マックス・パーセル(ニューサウスウェールズ州)[4]

○7ルーク・サビル(南オーストラリア州)[WC] 6-3 6-4 6-4 ●8ブラッドリー・モーズレイ(南オーストラリア州)[7]

------

○10リンキー・ヒジカタ(ニューサウスウェールズ州)[WC] 6-7(6) 6-2 7-5 6-7(8) 6-3 ●9アンドリュー・ハリス(ビクトリア州)[8]

○12ジェームズ・ダックワース(ニューサウスウェールズ州)[3] 5-7 6-4 7-5 6-2 ●11ブレイク・エリス(クイーンズランド州)

○13マーベリック・ベインズ(クイーンズランド州)[6] 6-4 7-6(3) 6-0 ●14クリストファー・オコネル(ニューサウスウェールズ州)[WC]

○16ジョン パトリック・スミス(クイーンズランド州)[2] 6-2 7-5 5-7 6-3 ●15ジェレミー・ビール(ビクトリア州)

※写真は男子シングルス優勝のジェームズ・ダックワース(オーストラリア)
MELBOURNE, AUSTRALIA - DECEMBER 16: James Duckworth celebrates winning his match against Luke Saville during the 2019 Australian Open Play-off at Melbourne Park on December 16, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Robert Prezioso/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.