穂積絵莉(JTA単12位、同複2位、WTA単292位、同複32位)が2019年1月1日、日本住宅ローン株式会社と所属契約を締結した。マネジメント会社が同日発表した。

 日本住宅ローン株式会社は、日本を代表する大手住宅メーカー(積水ハウス、大和ハウス工業、住友林業、セキスイハイム)と大手ファイナンス会社(日立キャピタル)が共同で設立した、住宅ローンに特化した住宅ローン専門の金融機関。

 所属契約締結に際し、穂積のコメント(一部要約)。

「“テニスを通して人のこころを動かす”という活動理念を掲げる中、日本住宅ローン様は多くのお客様の住宅取得という〈夢〉の実現に貢献すべく企業活動に取り組まれてきました。その姿に共感するとともに、多くの皆様に〈夢〉を与える存在になりたいという想いが一致し、このたび日本住宅ローン所属選手として活動させていただくことになりました。同じ理念を持った日本住宅ローンの皆様とともに目標に向かい、多くの方々に夢や希望を与えられるよう戦っていきます」

※写真は昨年6月、準優勝を飾ったフレンチ・オープンでの穂積絵莉(新所属先/日本住宅ローン)
PARIS, FRANCE June 10. French Open Tennis Tournament - Day Fifteen. Eri Hozumi of Japan in action with her doubles partner Makoto Ninomiya of Japan against Barbora Krejcikova and Katerina Siniakova of the Czech Republic in the Women's Doubles final at the 2018 French Open Tennis Tournament at Roland Garros on June 10th 2018 in Paris, France. (Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.