インド・プネーで開催されている「タタ・オープン・マハーラーシュトラ」(ATP250/12月31日~1月5 日/賞金総額58万9680ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)がラスロ・ジェレ(セルビア)を7-6(3) 7-6(6) で下し、準々決勝に進出した。

 昨年の決勝でジル・シモン(フランス)に敗れていた第1シードのアンダーソンは、20本のサービスエースを記録し、第2セットではセットポイントをしのいだ末にストレートで勝負を決めた。

 アンダーソンは次の準々決勝でジャウメ・ムナール(スペイン)と対戦する。第7シードのムナールは、シモーネ・ボレッリ(イタリア)を7-5 6-0で倒した。

 エルネスツ・グルビス(ラトビア)もまた、第2シードのチョン・ヒョン(韓国)を7-6(2) 6-2で下して勝ち上がった。一方、イボ・カルロビッチ(クロアチア)はエフゲニー・ドンスコイ(ロシア)を6-4 7-5で退けた。グルビスは準々決勝でカルロビッチと対戦する。

 また、第5シードのブノワ・ペール(フランス)はイリ・ベセリ(チェコ)を6-4 6-2で倒してベスト8に進出した。ペールは準々決勝で前年度覇者シモンと対戦する。

 もうひとつの準々決勝の顔合わせは、スティーブ・ダルシー(ベルギー)対マレク・ジャジリ(チュニジア)となっている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はケビン・アンダーソン(南アフリカ)、2018年12月撮影
ABU DHABI, UNITED ARAB EMIRATES - DECEMBER 29: Kevin Anderson of South Africa in action against Novak Djokovic of Serbia during the men's final match of the Mubadala World Tennis Championship at International Tennis Centre Zayed Sports City on December 29, 2018 in Abu Dhabi, United Arab Emirates. (Photo by Francois Nel/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.