2019年シーズン開幕戦のひとつとなる「ASBクラシック」(WTAインターナショナル/ニュージーランド・オークランド/12月31日~1月6日/賞金総額25万ドル/ハードコート)の女子シングルス準々決勝で、ティーンエイジャーのビアンカ・アンドレスク(カナダ)がグランドスラムで優勝歴7度のビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)を6-7(1) 6-1 6-3で下し、またも元世界1位の選手をなぎ倒した末にベスト4に進出した。

 世界ランク152位で予選から勝ち上がった18歳のアンドレスクは、2回戦でも元世界1位で今大会第1シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)を破っていたのだ。

「すべては可能だと信じている。そして今夜、私は不可能なことをやってのけたと思う」とアンドレスクは言った。

「私のゴールは、ただ本戦出場権を手に入れること、そしてもしかしたらさらに数ラウンド勝ち進むことだった。だけど今、私は数人のトッププレーヤーを倒した。だから、何が起こるか誰にもわからないんじゃない? 私は最後まで自分を信じた。私は闘い、本当に楽しんだ」

 第2セットの最初のゲームでサービスゲームをブレークされたあと、アンドレスクは11ゲームを連取して巻き返し、試合の主導権をその手につかんだ。

 一方、前年度覇者で第2シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)は第3セットのマッチポイントを凌いだ末に、ユージェニー・ブシャール(カナダ)に3-6 6-3 7-6(6)で競り勝った。

 双方のプレーヤーにとって、サービスを非常に難しいものとした旋回する風の中でのプレーとなったが、ゲルゲスはそれでも7本のサービスエースを刻み、47本のウィナーを記録した。

「これまでプレーした中でもこの上なく厳しい試合のひとつであり、ここオークランドでは、おそらくもっとも厳しい試合だったと思う」とゲルゲスは振り返った。

「今日の風は、急にきたと思ったら突然凪いだりしながら、そこら中で渦巻いていた。椅子や帽子、すべてが吹き飛んでいたわ。でも、どうすることもできない。ただ受け入れて、ポジティブな姿勢を保つようにしなければならないだけなのよ」

 ブシャールは最終セット6-5からの自分のサービスでマッチポイントを手にしたが、それをものにすることができなかった。

 また、ビクトリア・クズモバ(スロバキア)はアマンダ・アニシモワ(アメリカ)を6-3 2-6 6-4で下して準決勝に進出した。ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した17歳のアニシモワは、トップ100の中でもっとも若いプレーヤーだ(現96位)。クズモバは、準決勝でゲルゲスと対戦する。

 そのほかの試合では、第3シードのシェイ・スーウェイ(台湾)がサラ・ソリベス トルモ(スペイン)を6-3 6-2で下し、同じくベスト4に駒を進めた。シェイはそこで、アンドレスクと対戦する。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はビアンカ・アンドレスク(カナダ)
AUCKLAND, NEW ZEALAND - JANUARY 04: Bianca Andreescu of Canada celebrates after winning her quarter final match against Venus Williams of USA on January 04, 2019 in Auckland, New Zealand. (Photo by Hannah Peters/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.