2019年シーズン開幕戦のひとつとなる「ASBクラシック」(WTAインターナショナル/ニュージーランド・オークランド/12月31日~1月6日/賞金総額25万ドル/ハードコート)の女子シングルス決勝で、前年度覇者で第2シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)が予選から勝ち上がったティーンエイジャーのビアンカ・アンドレスク(カナダ)の驚くべき進撃を2-6 7-5 6-1で終わらせ、タイトル防衛に成功した。

 試合の序盤に関しては18歳で世界ランク152位のアンドレスクが、予選から浮上して決勝へ勝ち進む過程でオーストラリアン・オープン優勝者のカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)やグランドスラム大会優勝歴7度のビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)、シェイ・スーウェイ(台湾)らのシード勢を下した調子をキープするかに見えていた。

 彼女は、これまで同様のアグレッシブなリターンゲームと、ここまでの対戦相手を当惑させた多彩なショットによってゲルゲスの落ち着きを失わせ、わずか30分で第1セットを取った。

 しかし、ゲルゲスがファーストサービスの確率を上げ、グラウンドストロークを深く入れてアンドレスクをより守備に回らせ始めた第2セットの後半に、試合の流れは変わった。

 第11ゲームで重要なブレークを果たして45分で第2セットを取り返したゲルゲスは、予選から8試合目を戦っていたアンドレスクが疲れを見せたこともあり、23分で第3セットにけりをつけた。

 彼女は最終セットの第1、5、7ゲームでアンドレスクのサービスゲームをブレークし、WTAツアーでキャリア7つ目のタイトルを獲得した。

「これは私にとって、大きな意味を持つわ」とゲルゲスは言った。

「たった今、何と言ったらいいのかわからない。今日、ビアンカは私を大いに苦しめた。彼女は、ツアーの多くの選手たちとはやや違った、素晴らしいテニスをプレーした。我々は間違いなく、これからずっと頻繁に彼女の話題を耳にすることになるでしょうね」

 これに先立ちダブルス決勝も行われ、ユージェニー・ブシャール(カナダ)/ソフィア・ケネン(アメリカ)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したペイジュ メアリー・ハウリガン(ニュージーランド)/テイラー・タウンゼント(アメリカ)を1-6 6-1 [10-7]で下して大会を制した。(C)AP(テニスマガジン)

画像: 女子ダブルスで優勝を果たしたユージェニー・ブシャール(カナダ/右)とソフィア・ケネン(アメリカ/左) AUCKLAND, NEW ZEALAND - JANUARY 06: Eugenie Bouchard of Canada celebrates with Sofia Kenin of USA after winning the the Women's doubles final match against Taylor Townsend of USA and Paige Hourigan of New Zealand on January 06, 2019 in Auckland, New Zealand. (Photo by Hannah Peters/Getty Images)

女子ダブルスで優勝を果たしたユージェニー・ブシャール(カナダ/右)とソフィア・ケネン(アメリカ/左)
AUCKLAND, NEW ZEALAND - JANUARY 06: Eugenie Bouchard of Canada celebrates with Sofia Kenin of USA after winning the the Women's doubles final match against Taylor Townsend of USA and Paige Hourigan of New Zealand on January 06, 2019 in Auckland, New Zealand. (Photo by Hannah Peters/Getty Images)

※トップ写真は2連覇を達成したユリア・ゲルゲス(ドイツ)
AUCKLAND, NEW ZEALAND - JANUARY 06: Julia Goerges of Germany holds the ASB Classic trophy after winning the Women's Final against Bianca Andreescu of Canada on January 06, 2019 in Auckland, New Zealand. (Photo by Hannah Peters/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.