「シドニー国際」(WTAプレミア/オーストラリア・シドニー/1月7日~12日/賞金総額82万3000ドル/ハードコート)の女子ダブルス1回戦で、加藤未唯(ザイマックス)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)が青山修子(近藤乳業)/リジヤ・マロザバ(ベラルーシ)を6-3 6-4で破り、今季初勝利を挙げた。試合時間は1時間13分。

 二宮と加藤のコンビは、今季2度目のダブルス出場。前週のブリスベン(WTAプレミア/ハードコート)では、1回戦でチャン・ハオチン/チャン・ラティーシャ(ともに台湾)に1-6 2-6で敗れていた。

 2018年シーズンの加藤/二宮は、14大会に出場。初めて代表入りしたフェドカップで日本のワールドグループ2部復帰に貢献し、9月には東京(WTAプレミア/室内ハードコート)で同ペアでのWTAツアー初優勝を果たした。

 加藤/二宮は準々決勝で、第4シードのナディヤ・キッシャノック(ウクライナ)/バーボラ・ストリコバ(チェコ)と対戦する。キッシャノック/ストリコバは1回戦で、エレナ・オスタペンコ(ラトビア)/スローン・スティーブンス(アメリカ)を2-6 6-2 [10-6]で下しての勝ち上がり。

※写真は昨年の珠海の大会での加藤未唯(左)/二宮真琴
ZHUHAI, CHINA - NOVEMBER 01: Miyu Kato of Japan and Makoto Ninomiya of Japan in action against Lyudmyla Kichenok of Ukraine and Nadiia Kichenok of Ukraine in the match Between Miyu Kato of Japan and Makoto Ninomiya of Japan and Lyudmyla Kichenok of Ukraine and Nadiia Kichenok of Ukraine on Day 3 of Women's Double of 2018 WTA Elite Trophy Zhuhai at Hengqin Tennis Center on November 1, 2018 in Zhuhai, China. (Photo by Kevin Lee/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.