「シドニー国際」(ATP250/オーストラリア・シドニー/1月6~12日/賞金総額58万9680ドル/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、西岡良仁(ミキハウス)が予選勝者のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)を6-3 6-1で退け、ベスト8進出を果たした。試合時間は1時間4分。

 今大会に初めて出場した西岡は、予選2試合を勝ち抜き本戦入り。前週のブリスベン(ATP250/ハードコート)では、1回戦でグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に3-6 4-6で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。西岡は1回戦でライアン・ハリソン(アメリカ)を6-4 6-2で破り、ATPツアーで今季の本戦初勝利を挙げた。

 西岡は準々決勝で、第3シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)とギジェルモ・ガルシア ロペス(スペイン)の勝者と対戦する。

※写真はブリスベンの大会での西岡良仁(ミキハウス)
BRISBANE, AUSTRALIA - DECEMBER 31: Yoshihito Nishioka of Japan plays a backhand is his match against Grigor Dimitrov of Bulgaria during day two of the 2019 Brisbane International at Pat Rafter Arena on December 31, 2018 in Brisbane, Australia. (Photo by Chris Hyde/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.