「シドニー国際」(WTAプレミア/オーストラリア・シドニー/1月7日~12日/賞金総額82万3000ドル/ハードコート)の女子ダブルス準々決勝で、加藤未唯(ザイマックス)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)が第4シードのナディヤ・キッシャノック(ウクライナ)/バーボラ・ストリコバ(チェコ)を1-6 6-3 [10-8]で倒し、ベスト4進出を果たした。試合時間は1時間13分。

 二宮と加藤のコンビは、今季2度目のダブルス出場。前週のブリスベン(WTAプレミア/ハードコート)では、1回戦でチャン・ハオチン/チャン・ラティーシャ(ともに台湾)に1-6 2-6で敗れていた。

 今大会での加藤/二宮は、1回戦で青山修子(近藤乳業)/リジヤ・マロザバ(ベラルーシ)を6-3 6-4で下して今季初勝利を挙げていた。

 加藤/二宮は準決勝で、第6シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/シュー・イーファン(中国)か、アレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)/カテリーナ・シニアコバ(チェコ)とティメア・バシンスキー(スイス)/ペトラ・マルティッチ(クロアチア)の勝者と対戦する。

※写真は昨年の珠海の大会での加藤未唯(左)/二宮真琴
ZHUHAI, CHINA - NOVEMBER 03: Miyu Kato and Makoto Ninomiya of Japan compete against Xinyu Jiang and Zhaoxuan Yang of China during their women's doubles match on day 5 of the 2018 WTA Elite Trophy Zhuhai at Hengqin Tennis Center on November 3, 2018 in Zhuhai, China. (Photo by Fred Lee/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.