「シドニー国際」(WTAプレミア/オーストラリア・シドニー/1月7日~12日/賞金総額82万3000ドル/ハードコート)の女子ダブルス準々決勝で、穂積絵莉(日本住宅ローン)/アリシア・ロソルスカ(ポーランド)がアンナ レナ・グロエネフェルト(ドイツ)/バニア・キング(アメリカ)を6-3 2-6 [10-8]で破り、ベスト4進出を果たした。試合時間は1時間14分。

 ロソルスカと穂積のコンビは、今回が2度目のダブルス出場。初めてペアを組んだ前週のブリスベン(ATP250/ハードコート)では、準々決勝でガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/シュー・イーファン(中国)に2-6 5-7で敗れていた。

 今大会での穂積/ロソルスカは、1回戦でオクサーナ・カラシニコワ(ジョージア)/タチアナ・マリア(ドイツ)を7-5 6-2で下して勝ち上がっていた。

 穂積/ロソルスカは準決勝で、第3シードのアンドレア・クレパーチ(スロベニア)/マリア ホセ・マルチネス サンチェス(スペイン)とベサニー・マテック サンズ(アメリカ)/デミ・シヒュース(オランダ)の勝者と対戦する。

※写真は昨年のUSオープンでの穂積絵莉(日本住宅ローン)
撮影◎毛受亮介

This article is a sponsored article by
''.