オーストラリア・ホバートで開催されている「ホバート国際」(WTAインターナショナル/1月7日~12日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、べリンダ・ベンチッチ(スイス)がワイルドカード(主催者推薦)で出場したゾーイ・ハイブス(オーストリア)を6-2 6-4で下し、準々決勝に進出した。

 ハイブスは、ヨハンナ・ラーション(スウェーデン)を倒して2回戦に進むという番狂わせをやってのけたが、好調のベンチッチに対して同じ殊勲をやってのけることはできなかった。ベンチッチは準々決勝で、18歳のデヤナ・イエストレムスカ(ウクライナ)と対戦する。

 第7シードのキルステン・フリプケンス(ベルギー)はビクトリア・クズモバ(スロバキア)を6-7(3) 6-4 6-1で破り、ベスト8に進んだ。

 より早い時間帯の試合では、アンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)が第8シードのアリソン・バン ウィトバンク(ベルギー)を6-3 6-2で倒し、新年の力強いスタートを継続させた。

 WTAツアーのシングルスで3つのタイトルを獲り、ITFサーキットでさらに12のタイトルを獲得した24歳のシュミドローバは、2015年にランキングでピークに到達。翌年にトップ100以下に落ちてしまったが、今ふたたび階段を上り始めている。

 彼女は2018年を132位で始めたが、ふたたびトップ100位内に戻り、昨年を74位で終えていた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はベリンダ・ベンチッチ(スイス)
HOBART, AUSTRALIA - JANUARY 09: Belinda Bencic of Switzerland plays a shot during her singles match against Zoe Hives of Australia during day five of the 2019 Hobart International at Domain Tennis Centre on January 09, 2019 in Hobart, Australia. (Photo by Robert Cianflone/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.