全米テニス協会(USTA)は、元トップ10選手のマーディ・フィッシュ(アメリカ)が、アメリカのデビスカップ新監督に就任すると発表した。

 ジム・クーリエ(アメリカ)のあとを継いでフィッシュをが監督に任命されることは、水曜日に正式に発表された。クーリエは昨年9月に、監督の座から退いていた。

 37歳のフィッシュは、選手時代に6つのシングルス・タイトルと、8つのダブルス・タイトルを獲得し、2004年アテネ・オリンピックではシングルスでアメリカのために銀メダルを獲得。2002年から2012年にわたり、デビスカップ・チームでプレーした。彼は3つのグランドスラム大会で準々決勝に進出し、2011年にキャリア最高の世界ランク7位に至っていた。

 フィッシュの任務には、USTAプレーヤー開発プログラムに関与して働くことも含まれる。それはアメリカ・フェドカップ監督のキャシー・リナルディ(アメリカ)もやっていることだ。

 これまでの形式に改革を施した新しいデビスカップ決勝トーナメントは、11月18日から24日まで、スペイン・マドリッドでデビューすることになる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はマーディ・フィッシュ(左)とアンディ・ロディック、2016年10月にラスベガスで行われたエキシビションマッチで撮影
LAS VEGAS, NV - OCTOBER 10: Former tennis players Mardy Fish (L) and Andy Roddick speak with each other during the World TeamTennis Smash Hits charity tennis event benefiting the Elton John AIDS Foundation at Caesars Palace on October 10, 2016 in Las Vegas, Nevada. (Photo by David Becker/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.