「ホバート国際」(WTAインターナショナル/オーストラリア・ホバート/1月7日~12日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝で、元優勝者のアリゼ・コルネ(フランス)が予選から勝ち上がった21歳のグリート・ミネン(ベルギー)を6-1 6-4で倒し、タスマニアのタイトルにまた一歩近づいた。

 2016年大会で優勝していた第6シードのコルネは、今年の大会でまだ一度もセットを落としていない。彼女は、転倒して膝の皮を擦りむいたアクシデントを克服し、ベスト4入りを決めた。

 コルネは第2セット5-2から自分のサービスゲームを迎えたが、そこからミネンに何本かの見事なウィナーを決められてブレークを許してしまった。

「5-4からのサービスでやっと試合を締めくくることができた。かなりタイトな試合だったから、あそこで終わらせることができてうれしいわ」とコルネは振り返った。

「準決勝まで勝ち上がれるなんて、素晴らしい新年のスタートだわ」

 コルネは決勝行きの切符をかけて、20歳のソフィア・ケネン(アメリカ)と対戦する。ケネンは準々決勝で、第7シードのキルステン・フリプケンス(ベルギー)を7-5 7-5で下して勝ち上がった。

 そのほかの準々決勝の試合では、ベリンダ・ベンチッチ(スイス)が18歳のデヤナ・イエストレムスカ(ウクライナ)を7-6(2) 6-3で、アンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)がイリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)を7-5 7-5で破っている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はアリゼ・コルネ(フランス)
HOBART, AUSTRALIA - JANUARY 10: Alize Cornet of France celebrates her win during her singles quarter final match against Greet Minnen of Belgium during day six of the 2019 Hobart International at Domain Tennis Centre on January 10, 2019 in Hobart, Australia. (Photo by Robert Cianflone/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.