「ASBクラシック」(ATP250/ニュージーランド・オークランド/1月7~12日/賞金総額58万9680ドル/ハードコート)の男子ダブルス準決勝で、マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)が昨年の全豪優勝ペアで第1シードのオリバー・マラック(オーストリア)/マテ・パビッチ(クロアチア)との接戦を6-4 6-7(6) [11-9]で制し、決勝進出を果たした。試合時間は1時間46分。

 同ペアがATPツアーで決勝に進出したのは、初タイトルを獲得した昨年10月の東京(ATP500/室内ハードコート)以来となる。

 両ペアは昨年の昨年のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の準決勝で対戦し、マラック/パビッチが4-6 7-5 7-6(4)で勝っていた。

 ストルフとマクラクランのコンビは、今季2度目のダブルス出場。前週のブリスベン(ATP250/ハードコート)では、準々決勝でジョン・ミルマン/ジョン パトリック・スミス(ともにオーストラリア)に6-7(5) 4-6で敗れていた。

 今大会でのマクラクラン/ストルフは、1回戦で第4シードのルーカシュ・クボト(ポーランド) /ホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)を7-6(5) 2-6 [10-7]で、準々決勝ではマーカス・ダニエル(ニュージーランド)/ヴェスレイ・クールホフ(オランダ)を7-6(4) 7-6(5)で破って4強入りを決めていた。

 シングルスにも出場していたストルフはこの日行われた準決勝で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したキャメロン・ノリー(イギリス)に5-7 6-4 3-6で敗れていた。

 マクラクラン/ストルフは決勝で、第3シードのレイブン・クラーセン(南アフリカ)/マイケル・ビーナス(ニュージーランド)と対戦する。クラーセン/ビーナスは準決勝で、第2シードのボブ・ブライアン/マイク・ブライアン(ともにアメリカ)を6-4 6-1で下しての勝ち上がり。

※写真はマクラクラン勉(右)/ヤン レナード・ストルフ
AUCKLAND, NEW ZEALAND - JANUARY 11: Ben McLachlan of Japan and Jan-Lennard Struff of Germany play during the doubles semi final against Oliver Marach of Austria and Mate Pavic of Croatia during the 2019 ASB Classic at the ASB Tennis Centre on January 11, 2019 in Auckland, New Zealand. (Photo by Hannah Peters/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.