今年最初のグランドスラム「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月14~27日/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、伊藤竜馬(北日本物産)は予選勝者のダニエル・エバンズ(イギリス)に5-7 1-6 6-7(8)で敗れた。試合時間は2時間35分。

 全豪に11年連続出場となった30歳の伊藤は、予選3試合を勝ち抜き3年ぶり5度目の本戦入り。予選決勝では、第1シードのロレンツォ・ソネゴ(イタリア)を7-6(6) 0-6 7-6(10-3)で倒して勝ち上がっていた。

 この結果でエバンズは、伊藤との対戦成績を2勝0敗とした。両者は2016年2月にダラス(ATPチャレンジャー/10万ドル/室内ハードコート)の準決勝で初対戦しており、エバンズが6-2 4-6 6-1で勝っていた。

 エバンズは2回戦で、大会2連覇中で第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)とデニス・イストミン(ウズベキスタン)の勝者と対戦する。

※写真は1回戦で対戦した伊藤竜馬(北日本物産/右)とダニエル・エバンズ(イギリス/左)
撮影◎小山真司

This article is a sponsored article by
''.