今回は、フランスからミスラブ コーチを呼んでテニスラボのスタッフとして2週間練習に参加してもらっています。ミスラブ コーチは1月の全豪オープンから日比野菜緒選手のプライベートコーチとしてツアーに帯同してもらう予定です!

 今回、ミスラブ コーチにはコンプレックス・トレーニングを担当してもらう役をお願いしました。

 日本と違いヨーロッパではジュニアの頃から個別レッスンが当たり前なため、コンプレックス・トレーニングのような手間がかかるが、個別性があり、パフォーマンスアップに繋がるメニューには長けているようです。

 ちなみに、コンプレックス・トレーニングとは、筋肉に負荷をかけて速筋に刺激を与えた後に、テニスの練習をする方法です。競技中に起こる動作と似た動作に負荷を加えて行うことで、競技中以上に速筋繊維を使うことができます。そのため、その動作にスピード力が増すといわれています。

 要するに、筋トレ+競技動作を行うことで神経系(競技動作)のパワー向上を狙うものです。

 トップアスリートになるにはどの競技でも非常に重要なトレーニングとなります!

 アイデア次第で様々な動作をパワーアップさせることができます。

 是非参考にしてみてください^_^

ミスラブ コーチ経歴

クロアチア人。プレーヤー時代はオーストリアのチームに所属して転戦。その後、サフィーナのヒッティングパートナーを務め、彼女を世界ナンバーワンになるまでの間、サポート。コーチとしては、主にWTAのトップ50位程のアメリカ人選手を何人も見てきた。現在は元フランス代表、世界30位のジュリア・コインと結婚し、フランス在住。

画像: みんなのテニス研究所(みんラボ) www.facebook.com

【コンプレックストレーニング】 今回は、フランスからミスラブコーチを呼んでテニスラボのスタッフとして2週間練習に参加してもらっています。 ミスラブコーチは1月の全豪オープンから日比野菜緒選手のプライベートコーチとしてツアーに帯同しても...

みんなのテニス研究所(みんラボ)さんの投稿 2018年12月14日金曜日

みんなのテニス研究所(みんラボ)

www.facebook.com

This article is a sponsored article by
''.