面白い方法を発見しました❗️

 iPhoneのカメラのスローモーション撮影で動作やラケットがどの様に動いているかをチェックすると、肉眼で見ていても気づかないことに気づいたり、チェックポイントを確認したりすることができます。

 その反対に、撮った動画を倍速することで、体が成長してラケットが早く振れるようになった時に、今のテクニックがどんなスイングになるかが未来予測できます。

 当然、筋力はラケットをスイングするための筋収縮速度が増すだけでなく、体幹など動きをキープする筋力も上がるため、完璧な未来予測にはなりませんが、少なくとも今の動作やラケットワークが正しい(プロに近い)のか?正しくない(別物)のかが一目瞭然となります^_^;

 ポイントは、

①倍速にした時に、テイクバック〜インパクトの近くまでラケットがゆっくり見えるか?

②インパクト直前から急激にラケットが加速しているように見えるか?

③インパクト前〜インパクト後までのラケットフェイスが安定しているように見えるか?

④頭の位置は安定しているように見えるか?

⑤男子プロのスイングと似ているように見えるか?

 今回は我が子(小学4年生)で実験してみました。全仏オープンの時に練習しているティエムの丁寧なスイングを真似してもらいましたが、2倍速でティエムになれるか(笑)是非見てください

 ちなみに、ティエムの動画は必見です❗️

 現在世界一回転量の高いフォアハンドストロークを打つ選手がこんなにも丁寧にインパクト〜フォロースルーまでを行なっています。やはり、最も優先することは“正確性”だということだと思います❗️

 ちょっと面白いので是非試してたのしんでください^_^

画像: みんラボKids www.facebook.com

【iPhoneカメラで未来予測❗️】 面白い方法を発見しました❗️ iPhoneのカメラのスローモーション撮影で動作やラケットがどの様に動いているかをチェックすると、肉眼で見ていても気づかないことに気づいたり、チェックポイントを確認した...

みんラボKidsさんの投稿 2018年9月28日金曜日

みんラボKids

www.facebook.com

This article is a sponsored article by
''.