今年最初のグランドスラム「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月14~27日/ハードコート)のジュニア男子ダブルス決勝で、第3シードのヨナス・フォレイティック/ダリボール・スブルチナ(ともにチェコ)が第4シードのキャノン・キングスリー/エミリオ・ナバ(ともにアメリカ)を7-6(5) 6-4で下し、ともにITFグレードAの大会での初優勝を果たした。試合時間は1時間9分。

 スブルチナとフォレイティックのコンビは、今回が5度目のグランドスラム・ジュニア出場。過去4大会では、昨年のフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)とウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)での2回戦進出が最高成績だった。

 ふたりはシングルスにも出場していたが、ともに3回戦で敗退。第7シードのスブルチナがキングスリーに2-6 5-7で、第8シードのフォレイティックはジュリオ・ゼッピエリ(イタリア)に3-6 4-6で敗れていた。

 今大会でのフォレイティック/スブルチナは、1回戦でトビー アレックス・コダット(アメリカ)/グスタフ・ストロム(スウェーデン)を7-6(3) 6-2で、2回戦でジュベール・クロッパー/Khololwam MONTSI(ともに南アフリカ)を5-7 6-4 [10-7]で、準々決勝でアドミル・カレンダー(クロアチア)/アロルド・マイヨ(フランス)を6-4 6-4で、準決勝では第5シードのロレンツォ・ムセッティ(イタリア)/ゼッピエリを6-4 7-6(2)で破って決勝進出を決めていた。

 シングルスは準決勝が行われ、第1シードのムセッティと第13シードのナバが決勝進出を決めている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

ジュニア男子シングルス準決勝

○1ロレンツォ・ムセッティ(イタリア)[1] 6-2 6-4 ●28ジュリオ・ゼッピエリ(イタリア)

○57エミリオ・ナバ(アメリカ)[13] 3-6 6-2 7-5 ●48フィリップ クリスティアン・ジアヌ(ルーマニア)[4]

ジュニア男子ダブルス決勝

○9ヨナス・フォレイティック/ダリボール・スブルチナ(チェコ)[3] 7-6(5) 6-4 ●24キャノン・キングスリー/エミリオ・ナバ(アメリカ)[4]

※写真は左からジュニア男子ダブルス優勝のヨナス・フォレイティック(チェコ)、ダリボール・スブルチナ(チェコ)、準優勝のキャノン・キングスリー(アメリカ)、エミリオ・ナバ(アメリカ)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 25: Jonas Forejtek and Dalibor Svrcina of the Czech Republic celebrate winning their Junior Boys Doubles match against Cannon Kingsley and Emilio Nava of the United States during day 12 of the 2019 Australian Open at Melbourne Park on January 25, 2019 in Melbourne, Australia. (Photo by Darrian Traynor/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.