今年最初のグランドスラム「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月14~27日/ハードコート)のジュニア男子シングルス決勝で、第1シードのロレンツォ・ムセッティ(イタリア)が第13シードのエミリオ・ナバ(アメリカ)に4-6 6-2 7-6(14-12)で競り勝ち、グランドスラム・ジュニア初優勝を飾った。試合時間は2時間7分。

 16歳のムセッティは、今回が5度目のグランドスラム・ジュニア参戦。昨年の全豪で初めて本戦入りしたが、初戦敗退に終わっていた。同年9月の全米では決勝進出を果たし、チアゴ・セイボス ワイルド(ブラジル)に敗れていた。

 今大会でのムセッティは、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のタイ・サッチ(オーストラリア)を6-4 6-0で、2回戦でフオン ヴァン・グエン(ベトナム)を6-4 6-4で、3回戦で第15シードのリアム・ドラクル(カナダ)を6-4 7-5で、準々決勝で第6シードのニコラス・アルバレス バロナ(スペイン)を7-6(8) 7-5で、準決勝ではジュリオ・ゼッピエリ(イタリア)を6-2 6-4で破って決勝進出を決めていた。

 前日のダブルス決勝でも敗れていたナバは、昨年の全米のダブルスと合わせてグランドスラム・ジュニアで3度目の準優勝となった。

ジュニア男子シングルス決勝

○1ロレンツォ・ムセッティ(イタリア)[1] 4-6 6-2 7-6(14-12) ●57エミリオ・ナバ(アメリカ)[13]

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

※写真はジュニア男子シングルスで優勝を果たしたロレンツォ・ムセッティ(イタリア/左)と準優勝のエミリオ・ナバ(アメリカ/右)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 26: Lorenzo Musetti of Italy and Emilio Nava of the United States pose following their junior boys singles final during day 13 of the 2019 Australian Open at Melbourne Park on January 26, 2019 in Melbourne, Australia. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.