「トヨタ・タイ・オープン」(WTAインターナショナル/タイ・ホアヒン/1月28日~2月3日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のダブルス1回戦で、奈良くるみ(安藤証券)/ジェン・サイサイ(中国)がワイルドカード(主催者推薦枠)のヌニダ・ルアンナム/ピアンタン・プリプーチ(ともにタイ)を6-1 7-5で破り、初戦を突破した。試合時間は1時間22分。

 ジェンと奈良は、今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。奈良がWTAツアーの本戦で勝ち星を挙げたのは、シングルスで8強入りした2017年9月のタシケント(WTAインターナショナル/ハードコート)以来となる。

 シングルスの予選に第8シードで出場していた奈良は、予選決勝で第2シードのジェニファー・ブレイディ(アメリカ)に1-6 2-6で敗れていた。

 奈良/ジェンは準々決勝で、第2シードのイリナ カメリア・ベグ/モニカ・ニクレスク(ともにルーマニア)とジアン・シンユー/タン・キアンホェイ(ともに中国)の勝者と対戦する。

※写真は昨年のUSオープンでの奈良くるみ(安藤証券)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

This article is a sponsored article by
''.