女子テニスの国別対抗戦「フェドカップ(フェド杯)」のワールドグループ2部1回戦「日本対スペイン」(2月9、10日/福岡県北九州市・北九州市立総合体育館/室内ハードコート)の日本代表メンバーを、日本テニス協会が発表した。

 今年からノミネートできる人数が5人となっており、日本チームは日比野菜緒(ブラス)、土居美咲(ミキハウス)、奈良くるみ(安藤証券)、加藤未唯(ザイマックス)、二宮真琴(橋本総業ホールディングス)の布陣でスペイン戦に臨む。

 前週末に終了したオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)でグランドスラム2大会連続優勝を果たし、シングルスでアジア人として初の世界ナンバーワンの座に就いた大坂なおみ(日清食品)は、今回のメンバーに入らなかった。

 組み合わせ抽選は、2月8日(金)に行われる。

 フェド杯は男子のデビスカップ(デ杯)と同様に、ITF(国際テニス連盟)が主催する女子テニスの国別対抗戦。世界の上位16ヵ国が争うトップカテゴリーは「ワールドグループ」と「ワールドグループII」の2部(8ヵ国ずつ)に分けられている。

 日本は昨年、アジア・オセアニアグループ1部(インド・ニューデリー/2月7~10日/ハードコート)で3年ぶりに優勝。ワールドグループ2部プレーオフ(4月21、22日/兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)ではイギリスを3勝2敗で破り、2014年以来となるワールドグループ2部復帰を決めていた。

 スペインは昨年のワールドグループ2部1回戦(イタリア・キエーティ/2月10、11日/室内クレーコート)でイタリアに2勝3敗で敗れ、プレーオフ(スペイン・カルタヘナ/4月21、22日/クレーコート)ではパラグアイを3勝1敗で下してワールドグループ2部に残留した。

 両国は過去に1994年と2013年に2度対戦があり、いずれもスペインが勝利をおさめている。

日本代表メンバー

日比野菜緒(ブラス):シングルス115位/ダブルス60位
土居美咲(ミキハウス):シングルス120位/ダブルス116位
奈良くるみ(安藤証券):シングルス158位/ダブルス--位
加藤未唯(ザイマックス):シングルス395位/ダブルス48位
二宮真琴(橋本総業ホールディングス):シングルス575位/ダブルス24位

監督◎土橋登志久

※世界ランクは1月28日付

試合予定

2月9日(土) 13時00分~ シングルス2試合
2月10日(日) 12時00分~ シングルス2試合、ダブルス1試合

(ルールにより第2日目は試合数および試合形式を変更して行う場合あり)

※左が開催国、[ ]数字はシード順位

ワールドグループ1回戦 組み合わせ|2月1、2日

チェコ[1] vs ルーマニア

ベルギー vs フランス[4]

ドイツ vs ベラルーシ[3]

アメリカ[2] vs オーストラリア

ワールドグループ2部1回戦 組み合わせ|2月1、2日

スイス[1] vs イタリア

ラトビア vs スロバキア[3]

日本[4] vs スペイン

オランダ[2] vs カナダ

※写真は昨年のワールドグループ2部プレーオフでの日本チーム(左から奈良くるみ、大坂なおみ、二宮真琴、加藤未唯、土橋登志久監督)
MIKI, JAPAN - APRIL 22: Members of the Japan Fed Cup team (L-R) Kurumi Nara, Naomi Osaka, Makoto Ninomiya, Miyu Kato and team captain Toshihisa Tsuchihashi celebrate the team's 3-2 victory against Great Britain during day two of the Fed Cup World Group II Play-Off between Japan and Great Britain at Bourbon Beans Dome on April 22, 2018 in Miki, Hyogo, Japan. (Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.