気持ちよく、集中してよい状態でプレーするために、欠かせない準備のひとつにウェアの洗濯がある。現在、主流となっている素材は、速乾性など機能面に優れた合成繊維だ。ただ、合成繊維は石油を主な原料とするため、ニオイの元となる汗などに含まれる「皮脂の汚れ」と結びつきやすく、汚れが落ちにくいという特性があります。 

画像: モデルの藤田純太さん(左)とスポーツインストラクターの宮崎真梨子さん

モデルの藤田純太さん(左)とスポーツインストラクターの宮崎真梨子さん

 そこで、モデルの藤田純太さん(左)、スポーツインストラクターの宮崎真梨子さん(右)という男女プレーヤーに、洗濯の悩みを聞き、実際に着用したウェアを洗濯してもらった。まずは、高校時代に地元福岡県で名門・柳川高校とも対戦した経験のある藤田さん。フォアのハードヒットを連発するため、汗をかく量も多いという。

画像: 【AD P&Gジャパン】プレーヤーの悩みを一挙に解決!
合成繊維のウェアに残る汚れとニオイをスッキリ落とす
「アリエール プラチナスポーツ」

「洗剤だけで、汗のニオイがスッキリ落ちた」

「一人暮らしなので、洗濯は数日分をまとめて一気に洗います。一番気になるのは運動をして汗をかいたときにウェアから出てくる不快なニオイですね。ニオイ対策のために、今までは香りがする柔軟剤を入れていました」

 今回はプレー後に『アリエール プラチナスポーツ』で洗濯し、その後のウェアのニオイを確認してもらった。

「いつもは洗剤、柔軟剤の両方を使っていますが、今回は洗剤の『アリエール プラチナスポーツ』のみで試してみました。普段着ている合成繊維の洋服、スポーツをしたあとのウェアのしつこい汗のニオイがスッキリ落ちました。洗濯後のウェアを着用してみると、爽やかな香りでイヤなニオイが残っていないので、今後も使い続けたいですね」

画像: 「アリエール プラチナスポーツ」で、今まで気になっていた洗濯のニオイの問題が解決しました(藤田)」

「アリエール プラチナスポーツ」で、今まで気になっていた洗濯のニオイの問題が解決しました(藤田)」

This article is a sponsored article by
''.