「第33回 テニス日本リーグ」の決勝トーナメント(2月8~10日/神奈川県横浜市・横浜国際プール/室内カーペットコート)は最終日を迎え、男女の決勝と3位決定戦が行われた。

 男子決勝は前回に続いてイカイ(レッドブロック1位)と三菱電機(ブルーブロック1位)の対戦となり、三菱電機がイカイを3連勝で下して2年連続3度目の優勝を果たした。

 3位決定戦では、初参戦の橋本総業ホールディングス(レッドブロック2位)が前回7位の山喜(レッドブロック3位)を2勝1敗で破っている。

 テニス日本リーグはシングルス2試合、ダブルス1試合の合計3試合(同一選手の単複重複不可)で争うチーム対抗戦。1stステージ(2018年12月6~9日)、2ndステージ(1月16~20日)で2つのブロックに分かれての総当たり戦を行い、男子上位8チーム、女子上位6チームが決勝トーナメントに進出し、優勝チームを決定する。

※チーム名の左に付いている数字はドロー番号

男子決勝

1イカイ(レッドブロック1位)0-3 5三菱電機(ブルーブロック1位)

S1 ●ケビン・キング 5-7 1-6 ○清水悠太
S2 ●福田創楽 3-6 2-6 ○高橋悠介
D ●市川泰誠/松崎勇太郎 3-6 2-6 ○福田健司/矢多弘樹

男子3位決定戦

山喜(レッドブロック3位)1-2 橋本総業ホールディングス(レッドブロック2位)

S1 ●西脇一樹 1-6 4-6 ○リー・ジェ
S2 ○白石光 6-4 6-2 ●斉藤貴史
D ●野口政勝/沼尻啓介 4-6 6-4 [7-10] ○岡村一成/綿貫裕介

※写真は男子リーグで2年連続3度目の優勝を果たした三菱電機
撮影◎菅原淳 / JUN SUGAWARA

This article is a sponsored article by
''.