「第33回 テニス日本リーグ」の決勝トーナメント(2月8~10日/神奈川県横浜市・横浜国際プール/室内カーペットコート)は最終日を迎え、男女の決勝と3位決定戦が行われた。

 6年連続で同一カードとなった女子決勝は、橋本総業ホールディングス(レッドブロック1位)が島津製作所(ブルーブロック1位)を2勝1敗で下して2連覇を達成した。

 3位決定戦では、ノアインドアステージ(レッドブロック2位)がリコー(ブルーブロック2位)を2勝1敗で破っている。

 テニス日本リーグはシングルス2試合、ダブルス1試合の合計3試合(同一選手の単複重複不可)で争うチーム対抗戦。1stステージ(2018年12月6~9日)、2ndステージ(1月16~20日)で2つのブロックに分かれての総当たり戦を行い、男子上位8チーム、女子上位6チームが決勝トーナメントに進出し、優勝チームを決定する。

※チーム名の左に付いている数字はドロー番号

女子決勝

1島津製作所(レッドブロック1位)1-2 4橋本総業ホールディングス(ブルーブロック1位)

S1 ○桑田寛子 6-4 7-5 ●小堀桃子
S2 ●今西美晴 4-6 6-2 3-6 ○秋田史帆
D ●大前綾希子/加治遥 4-6 4-6 ○瀬間詠里花/岡村恭香

女子3位決定戦

リコー(ブルーブロック2位)1-2 ノアインドアステージ(レッドブロック2位)

S1 ●金井綾香 6-7(4) 1-6 ○上田らむ
S2 ●水沼茉子 3-6 1-6 ○西村佳奈美
D ○入江真子/酒井渚月子 6-3 6-2 ●下道愛里紗/横山菜里

※写真は女子リーグで2連覇を達成した橋本総業ホールディングス
撮影◎菅原淳 / JUN SUGAWARA


This article is a sponsored article by
''.