ITF(国際テニス連盟)の男子ツアー下部大会「クレアモント・クラブ・プロ・クラシック」(ITFワールドテニスツアーM15/アメリカ・リフォルニア州クレアモント/2月4~10日/賞金総額1.5万ドル/ハードコート)のダブルス決勝で、山﨑純平(日清紡ホールディングス)/マイケル・ズー(アメリカ)はワイルドカード(主催者推薦枠)のジョージ・ゴールドホフ/オースティン・ラップ(ともにアメリカ)に6-4 3-6 [7-10]で敗れた。試合時間は1時間13分。

 今大会での山﨑/ズーは、1回戦でダスティ H・ボイヤー(アメリカ)/コリン・シンクレア(北マリアナ諸島)を3-6 6-3 [[10-5]で、準々決勝でジェンソン・ブルックスビー/ヘンリー・クレイグ(ともにアメリカ)を2-6 7-6(5) [10-3]で、準決勝では第4シードのジョルディ・アルコナーダ/A・J・カタンザリティ(ともにアメリカ)を6-7(4) 6-3 [11-9]で下して決勝進出を決めていた。

 今大会に日本勢で唯一参戦していた山﨑はシングルスに第8シードで出場していたが、2回戦で18歳のブルックスビーに2-6 1-6で敗れていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、JRはITFジュニア枠

日本人選手の結果

シングルス2回戦

●16山﨑純平(日清紡ホールディングス)[8] 2-6 1-6 ○13ジェンソン・ブルックスビー(アメリカ)[JR]

シングルス1回戦

○16山﨑純平(日清紡ホールディングス)[8] 4-6 6-3 7-6(5) ●15ダスティ H・ボイヤー(アメリカ)

ダブルス決勝

●3山﨑純平/マイケル・ズー(日清紡ホールディングス/アメリカ)6-4 3-6 [7-10] ○10ジョージ・ゴールドホフ/オースティン・ラップ(アメリカ)[WC]

ダブルス準決勝

○3山﨑純平/マイケル・ズー(日清紡ホールディングス/アメリカ)6-7(4) 6-3 [11-9] ●5ジョルディ・アルコナーダ/A・J・カタンザリティ(アメリカ)[4]

ダブルス準々決勝

○3山﨑純平/マイケル・ズー(日清紡ホールディングス/アメリカ)2-6 7-6(5) [10-3] ●2ジェンソン・ブルックスビー/ヘンリー・クレイグ(アメリカ)

ダブルス1回戦

○3山﨑純平/マイケル・ズー(日清紡ホールディングス/アメリカ)3-6 6-3 [[10-5] ●4ダスティ H・ボイヤー/コリン・シンクレア(アメリカ/北マリアナ諸島)

※写真は昨年の全日本選手権での山﨑純平(日清紡ホールディングス)
撮影◎宮原和也 / KAZUYA MIYAHARA


This article is a sponsored article by
''.