「第33回 テニス日本リーグ」の決勝トーナメント(2月8~10日/神奈川県横浜市・横浜国際プール/室内カーペットコート)は最終日、男女の決勝と3位決定戦が行われ、女子決勝は橋本総業ホールディングス(以下橋本総業HD)が島津製作所を2勝1敗で破り、2年連続2回目の優勝を飾った。

 男子の決勝が2年連続同一カードならば、女子は6年連続。橋本総業HDと島津製作所のライバル関係は、近年の女子の日本リーグを物語る。島津製作所がV4を達成すれば、昨年、橋本総業HDがその牙城を崩した。お互いのプライドをかけた戦いが始まった。

 第1試合は秋田史帆と今西美晴のS2対決。フォアハンドの強打を軸に攻勢を貫く秋田と、緩急を織り交ぜながら鉄壁の守備と鋭いカウンターを狙う今西の戦いとなった。両者の攻防は第1セットを秋田、第2セットを今西が奪い、最終セットに突入した。 

「いかに落ち着いてプレーできるか」が勝負を決めた。最終セットでリードを許した秋田だったが、冷静さは失わなかった。団体戦はワンプレーで流れが変わる。足が止まり始める今西を攻め続け、1-3で迎えた第5ゲームから一気に5ゲーム連取の大逆転。最後まで迷いなくラケットを振り抜き、チームに1勝目をもたらした。

画像: 2017年の全日本シングルス決勝の対戦カード再現となった戦いは秋田(右)に軍配

2017年の全日本シングルス決勝の対戦カード再現となった戦いは秋田(右)に軍配

 しかし、島津製作所も日本一奪還にプライドを見せる。昨年と同じ組み合わせとなったS1対決では桑田寛子が小堀桃子を6-4 7-5で下し、勝敗はダブルス決着へ。両チームの声援がさらに大きくなるなか、橋本総業HDの瀬間詠里花と岡村恭香のペアが輝きを放った。

画像: 昨年敗れた小堀にリベンジを果たし、勝敗を五分に戻した桑田

昨年敗れた小堀にリベンジを果たし、勝敗を五分に戻した桑田

「余計なことを考えずに自分のいいプレーをしようと集中した」と岡村が振り返れば、「曖昧なプレーをしない。気持ちで引かない。それだけを意識した」と瀬間。第1セットは2-4とリードされる場面もあったが、自分たちからポイントを奪う姿勢に終始した。第7ゲームから4ゲームを連取するなど、最終的に6-4 6-4のストレートで大前綾希子/加治遥の島津製作所ペアを破り、大会連覇を決めた。

画像: 優勝が決まって駆け寄る瀬間(左)と岡村

優勝が決まって駆け寄る瀬間(左)と岡村

 決勝で活躍を見せた秋田と岡村は、ともに初の決勝トーナメントを経験。岡村は「試合中に後ろを振り返ると、社員の方や仲間が応援してくれて、普段出せない力が最大限に出せた」と笑顔を見せると、秋田は「腕が折れてでも、足が折れてでもチームの勝利に貢献したかった。こういう形で貢献できてすごくうれしい」と声を震わせた。

 昨年の優勝メンバー、今年から新たに加わったメンバーがともに力を合わせて掴んだ大会連覇となった。

(編集部◎中野恵太 写真◎菅原 淳)


This article is a sponsored article by
''.