ATPツアー公式戦の「ニューヨーク・オープン」(ATP250/アメリカ・ニューヨーク/2月11~17日/賞金総額77万7385ドル/室内ハードコート)のシングルス1回戦で、パオロ・ロレンツィ(イタリア)が第8シードのテニス・サングレン(アメリカ)を7-6(4) 6-7(4) 6-4で倒して初戦を突破した。

 サングレンは、これがオーストラリアン・オープン以来の大会出場だった。彼はATPツアーでの初タイトルを1月のオークランドで獲得して以降、2試合続けて敗れたことになる。

 また、バーナード・トミック(オーストラリア)がルーカス・ラッコ(スロバキア)を6-4 6-2で破った。彼は2回戦で、第1シードのジョン・イズナー(アメリカ)と対戦する。

 前年覇者のケビン・アンダーソン(南アフリカ)が右肘の故障で欠場したため、イズナーはナッソー・ベテランズ・メモリアル・コロシアムで開催される2年目の大会で最高ランクの選手となった。

 そのほかの試合では、第7シードのジョーダン・トンプソン(オーストラリア)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したノア・ルビン(アメリカ)を6-7(7) 7-5 6-1で下して勝ち上がった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はブリスベンの大会でのテニス・サングレン(アメリカ)
BRISBANE, AUSTRALIA - DECEMBER 31: Tennys Sandgren of USA plays a forehand in his match against John Millman of Australia during day two of the 2019 Brisbane International at Pat Rafter Arena on December 31, 2018 in Brisbane, Australia. (Photo by Albert Perez/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.