ATPツアー公式戦の「ABN AMROワールド・テニス」(ATP500/オランダ・ロッテルダム/2月11~17日/賞金総額209万8480ユーロ/室内ハードコート)のシングルス1回戦で、第1シードの錦織圭(日清食品)がピエール ユーグ・エルベール(フランス)を3-6 6-1 6-4で倒し、初戦を突破した。試合時間は2時間11分。

 錦織は2回戦で、エルネスツ・グルビス(ラトビア)と対戦する。グルビスは1回戦で、マリウス・コピル(ルーマニア)とのラッキールーザー同士の対戦を6-4 6-2で制した。

 一方、第2シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)はワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したタロン・グリークスプア(オランダ)に6-3 3-6 2-6で敗れた。グリークスプアは昨年の1回戦で、スタン・ワウリンカ(スイス)を破っていた。

 また、第4シードの第4シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)がフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)を7-6(8) 7-5で、第10シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)が予選勝者のフランコ・シュクゴール(クロアチア)を7-5 6-3で下して2回戦に駒を進めたが、第8シードのダビド・ゴファン(ベルギー)はガエル・モンフィス(フランス)に6-7(5) 5-7で敗れた。

 そのほかの試合では、フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)とワイルドカードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)が初戦を勝ち上がった。

※写真は昨年のパリ・マスターズでのカレン・ハチャノフ(ロシア)
PARIS, FRANCE - NOVEMBER 04: Karen Khachanov of Russia reacts after winning a point during his match against Novak Djokovic of Serbia during the Men's Final during Day Seven of the Rolex Paris Masters on November 4, 2018 in Paris, France. (Photo by Justin Setterfield/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.