ATPツアー公式戦の「リオ・オープン」(ブラジル・リオデジャネイロ/2月18~24日/賞金総額193万7740ドル/クレーコート)のシングルス1回戦で、ダニエル太郎(エイブル)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したチアゴ・セイボス ワイルド(ブラジル)と対戦。ダニエルから3-6 6-3 4-1の時点で降雨により中断し、翌日に順延されることが決まった。ここまでの試合時間は1時間58分。

 この試合は前日に行われる予定だったが、雨天により進行が遅れたため延期となっていた。

 今大会に2年ぶり3度目の出場となるダニエルは、初のストレートインで2度目の本戦入り。前回出場した2017年は、予選決勝でマルコ・チェッキナート(イタリア)に1-6 2-6で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。18歳のセイボス ワイルドは昨年のUSオープン・ジュニアの優勝者で、ATPツアー本戦の舞台は今回が3度目となる。

 この試合の勝者は2回戦で、ラスロ・ジェレ(セルビア)と対戦する。ジェレは1回戦で、第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)を6-3 6-3で下しての勝ち上がり。

 リオ・オープンはATPツアー500の規模の大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

上位出場選手シード順位|シングルス

ドミニク・ティーム(オーストリア)[1]
ファビオ・フォニーニ(イタリア)[2]
マルコ・チェッキナート(イタリア)[3]
ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)[4]

※[ ]数字はシード順位

※写真は昨年のUSオープンでのダニエル太郎(エイブル)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

This article is a sponsored article by
''.