ATPツアー公式戦の「デルレイビーチ・オープン」(ATP250/アメリカ・フロリダ州デルレイビーチ/2月18~24日/賞金総額65万1215ドル/ハードコート)のダブルス準決勝で、ラドゥ・アルボット(モルドバ)/西岡良仁(ミキハウス)は第2シードのケン・スクプスキー/ニール・スクプスキー(ともにイギリス)に4-6 2-6で敗れた。試合時間は59分。

 アルボットと西岡は、今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。西岡がダブルスに出場したのは、1月に錦織圭(日清食品)とのコンビで臨んだブリスベン(ATP250/ハードコート)以来で今季2度目だった。

 今大会でのアルボット/西岡は、1回戦でマルセル・グラノイェルス(スペイン)/バーナード・トミック(オーストラリア)を7-5 6-4で、準々決勝ではニック・キリオス(オーストラリア)/ジャクソン・ウィズロウ(アメリカ)を7-6(2) 6-1で破り、西岡はツアーのダブルスで初の4強入りを決めていた。

 スクプスキー兄弟は決勝で、第1シードのボブ・ブライアン/マイク・ブライアン(ともにアメリカ)と対戦する。ブライアン兄弟は準決勝で、マルセロ・アレバロ (エルサルバドル)/ジェイミー・セレターニ(アメリカ)を6-3 7-5で下しての勝ち上がり。

 シングルスに出場していた西岡は、1回戦で第1シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)に3-6 5-7で敗退。アルボットはこの日行われた準決勝でマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)を3-6 6-0 6-0で倒し、ATPツアーで初の決勝進出を決めていた。

※写真は昨年の楽天ジャパンオープンでの西岡良仁(ミキハウス)
CHOFU, JAPAN - OCTOBER 03: Yoshihito Nishioka of Japan plays a backhand in the Singles first round against Nick Kyrgios of Australia on day three of the Rakuten Open at Musashino Forest Sports Plaza on October 3, 2018 in Chofu, Tokyo, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.