ITF(国際テニス連盟)の女子ツアー下部大会「富士薬品セイムス ウィメンズカップ in 大阪体育大学」(ITFワールドテニスツアーW25/大阪府泉南郡・大阪体育大学テニスコート/2月25日~3月3日/賞金総額2.5万ドル/ハードコート)の本戦2日目は、シングルス1回戦残り11試合とダブルス1回戦残り3試合が行われた。

 シングルスのシード勢は、第1シードのイバナ・ヨロビッチ(セルビア)、第4シードのルー・ジアジン(中国)、第5シードのハン・ナレ(韓国)が2回戦に駒を進めたが、第7シードのシュン・ファンイン(中国)は予選勝者のアビゲイル・テレ アピサー(パプアニューギニア)に2-6 0-6で敗れた。

 日本勢は、桑田寛子(島津製作所)、予選勝者の今西美晴(島津製作所)と本玉真唯(フリー)、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した17歳の内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)が初戦を突破した。

 ダブルスでは、林恵里奈(福井県スポーツ協会)/清水綾乃(Club MASA)、リウ・ファンジョウ/ヨウ・シャオディ(ともに中国)、エレナ・イン アルボン(スイス)/グリート・ミネン(ベルギー)が勝ち上がり、ベスト8が出揃った。

 2月28日(木)は10時00分からシングルス2回戦8試合、休憩後の12時30分以降にダブルス準々決勝4試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、LLはラッキールーザー、ITFはITFランキング上位枠、Ret.は途中棄権

シングルス1回戦

○1イバナ・ヨロビッチ(セルビア)[1] 6-1 6-2 ●2リン・ジャン(香港)[Q]

○4チャン・スジョン(韓国)6-1 6-4 ●3牛島里咲(筑波大学)[WC]

○7アビゲイル・テレ アピサー(パプアニューギニア)[Q] 6-2 6-0 ●8シュン・ファンイン(中国)[7]

○11桑田寛子(島津製作所)6-4 6-4 ●12井上雅(テニスラウンジ)[Q]

------

○14ジャン・カイリン(中国)6-2 6-3 ●13アビー・マイヤーズ(オーストラリア)

○16ハン・ナレ(韓国)[5] 2-6 6-1 7-6(3) ●15ウルリカ・エイケリ(ノルウェー)[Q]

○22今西美晴(島津製作所)[Q] 6-0 6-0 ●21光崎澪(h2エリートTA)[WC]

○24ルー・ジアジン(中国)[4] 6-3 4-6 6-1 ●23美濃越舞(YCA)

------

○28内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)[WC] 6-0 7-5 ●27アンナ・ウリーク(ロシア)[ITF]

○30エレナ・イン アルボン(スイス)7-5 5-7 6-4 ●29ダリア・ロパテツカヤ(ウクライナ)[ITF]

○31本玉真唯(フリー)[Q] 7-5 6-0 ●32ラトゥーヤ・ボーセール(インド)[LL]

ダブルス1回戦

○6エレナ・イン アルボン/グリート・ミネン(スイス/ベルギー)6-0 5-3 Ret. ●5オリビア・タンドラモリア/シュン・ファンイン(オーストラリア/中国)[4]

○10リウ・ファンジョウ/ヨウ・シャオディ(中国)6-3 6-2 ●9カン・ジアチー/ジャン・カイリン(中国)

○15林恵里奈/清水綾乃(福井県スポーツ協会/Club MASA)6-4 6-7(2) [10-8] ●16チェ・ジヒ/大前綾希子(韓国/島津製作所)[2]

※写真はシングルス2回戦に進出した桑田寛子(島津製作所)
写真提供◎富士薬品セイムス ウィメンズカップ in 大阪体育大学

This article is a sponsored article by
''.