ATPツアー下部大会の「横浜慶應チャレンジャー国際テニストーナメント」(チャレンジャー80/神奈川県横浜市・慶應義塾大学日吉キャンパス/2月5日~3月3日/賞金総額5万4160ドル/ハードコート)の大会3日目は、男子シングルス2回戦残り9試合と男子ダブルス1回戦残り5試合が行われた。

 シングルスのシード勢は、第1シードの伊藤竜馬(北日本物産)、第2シードのオスカー・オッテ(ドイツ)、第6シードのユリィ・ラディオノフ(オーストリア)、第7シードの添田豪(GODAI)、第10シードのジャンルカ・マジェル(イタリア)、第14シードのフィリップ・ペリウォ(カナダ)が16強入りを決めたが、第12シードのペドロ・カチン(アルゼンチン)、第15シードのビクトル・トロイツキ(セルビア)、第16シードのEnzo COUACAUD(フランス)は敗れた。

 ダブルスでは、第1シードのマックス・パーセル/ルーク・サビル(ともにオーストラリア)、ジョン ポール・フルッテロ(アメリカ)/ダビド・ペレス サンス(スペイン)、今井慎太郎(イカイ)/ベルナルド・サライバ(ポルトガル)、モエス・エチャルギ/スカンデル・マンスーリ(ともにチュニジア)、チョン・ユンソン/クォン・スンウー(ともに韓国)が勝ち上がり、ベスト8が出揃った。

 2月28日(木)は10時00分から男子シングルス3回戦8試合、12時30分以降に男子ダブルス準々決勝2試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、ITFはITFランキング上位枠

男子シングルス2回戦

○1伊藤竜馬(北日本物産)[1] 6-0 7-5 ●4モエス・エチャルギ(チュニジア)[ITF]

○5イ・ダクヒ(韓国)6-0 6-2 ●8Enzo COUACAUD(フランス)[16]

○24フィリップ・ペリウォ(カナダ)[14] 6-2 6-4 ●22イワン・ガクホフ(ロシア)[ITF]

------

○33ユリィ・ラディオノフ(オーストリア)[6] 7-6(7) 0-6 6-4 ●36ダビド・ペレス サンス(スペイン)[ITF]

○38ヤン・ツン フア(台湾)6-4 6-4 ●40ペドロ・カチン(アルゼンチン)[12]

○49添田豪(GODAI)[7] 6-1 6-4 ●51キム・チョンウィ(韓国)[Q]

------

○56ジャンルカ・マジェル(イタリア)[10] 7-6(3) 7-6(5) ●53ツェン・チュンシン(台湾)[Q]

○59マックス・パーセル(オーストラリア)7-5 7-6(5) ●57ビクトル・トロイツキ(セルビア)[15]

○64オスカー・オッテ(ドイツ)[2] 6-3 6-2 ●61バイ・ヤン(中国)

男子ダブルス1回戦

○1マックス・パーセル/ルーク・サビル(オーストラリア)[1] 6-2 6-3 ●2ギジェルメ・クレザ/ガスタン・エリアス(ブラジル/ポルトガル)

○3今井慎太郎/ベルナルド・サライバ(イカイ/ポルトガル)[ITF] 6-2 6-2 ●4ゴンサロ・オリベイラ/内田海智(ポルトガル/富士薬品)

○7チョン・ユンソン/クォン・スンウー(韓国)6-2 4-6 [10-7] ●8ジミー・ワン/ヤン・ツン フア(台湾)

○10モエス・エチャルギ/スカンデル・マンスーリ(チュニジア)[ITF] 6-2 6-4 ●9福田真大/今村昌倫(慶應義塾大学)[WC]

○13ジョン ポール・フルッテロ/ダビド・ペレス サンス(アメリカ/スペイン)不戦勝 ●14ペドロ・カチン/守屋宏紀(アルゼンチン/北日本物産)

※写真はシングルス3回戦に進出した第1シードの伊藤竜馬(北日本物産)
写真提供◎横浜慶應チャレンジャー広報部

This article is a sponsored article by
''.