ATPツアー公式戦の「ブラジル・オープン」(ATP250/ブラジル・サンパウロ/2月25日~3月3日/賞金総額61万8810ドル/クレーコート)のシングルス準々決勝で、第3シードのギド・ペラ(アルゼンチン)が同胞のマルコ・トゥルンヘリッティ(アルゼンチン)を6-0 6-3で下し、ベスト4に進出した。

 ペラは準決勝でラスロ・ジェレ(セルビア)と対戦する。ジェレは準々決勝で、18歳のフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)に6-2 3-6 6-3で競り勝った。これは前週のリオ・オープン決勝の再現ともなった対戦で、そのときにもジェレが勝利をおさめていた。

 もうひとつの準決勝は、クリスチャン・ガリン(チリ)とキャスパー・ルード(ノルウェー)の顔合わせとなった。

 ガリンが第4シードのレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)を4-6 6-4 6-4で下し、ルードはヒューゴ・デリエン(ボリビア)を6-1 6-1で退けた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はリオデジャネイロの大会でのラスロ・ジェレ(セルビア)
RIO DE JANEIRO, BRAZIL - FEBRUARY 24: Laslo Djere of Serbia returns a shot to Felix Auger-Aliassime of Canada during the singles final of the ATP Rio Open 2019 at Jockey Club Brasileiro on February 24, 2019 in Rio de Janeiro, Brazil. (Photo by Buda Mendes/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.