ATPツアー下部大会の「横浜慶應チャレンジャー国際テニストーナメント」(チャレンジャー80/神奈川県横浜市・慶應義塾大学日吉キャンパス/2月5日~3月3日/賞金総額5万4160ドル/ハードコート)の男子シングルス準決勝で、第3シードの杉田祐一(三菱電機)は第11シードのクォン・スンウー(韓国)に3-6 2-6で敗れた。試合時間は1時間1分。

 この結果でクォンは、杉田との対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。両者は2017年大会の決勝で初対戦しており、杉田が6-4 2-6 7-6(2)で勝っていた。

 クォンは決勝で、第2シードのオスカー・オッテ(ドイツ)と対戦する。オッテは準決勝で、アンドリュー・ハリス(オーストラリア)を6-3 6-4で下しての勝ち上がり。

 ダブルスでは、第1シードのマックス・パーセル/ルーク・サビル(ともにオーストラリア)がチョン・ユンソン(韓国)/クォンを6-3 6-2で、モエス・エチャルギ/スカンデル・マンスーリ(ともにチュニジア)は第2シードのサンチャイ・ラティワタナ/ソンチャット・ラティワタナ(ともにタイ)を4-6 6-3 [10-6]で破り、それぞれ決勝に進出した。

 大会最終日の3月3日(日)は10時30分から男子ダブルス決勝、続いて男子シングルス決勝が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、ITFはITFランキング上位枠

男子シングルス準決勝

○9クォン・スンウー(韓国)[11] 6-3 6-2 ●17杉田祐一(三菱電機)[3]

○64オスカー・オッテ(ドイツ)[2] 6-3 6-4 ●45アンドリュー・ハリス(オーストラリア)

男子ダブルス準決勝

○1マックス・パーセル/ルーク・サビル(オーストラリア)[1] 6-4 6-0 ●7チョン・ユンソン/クォン・スンウー(韓国)

○10モエス・エチャルギ/スカンデル・マンスーリ(チュニジア)[ITF] 4-6 6-3 [10-6] ●16サンチャイ・ラティワタナ/ソンチャット・ラティワタナ(タイ)[2]

※写真はシングルス準決勝で敗れた第3シードの杉田祐一(三菱電機)
写真提供◎横浜慶應チャレンジャー広報部

This article is a sponsored article by
''.