ITF(国際テニス連盟)の女子ツアー下部大会「GD Tennis Cup」(ITFワールドテニスツアーW15/トルコ・アンタルヤ/2月25日~3月3日/賞金総額1.5万ドル/クレーコート)のダブルス決勝で、西郷里奈(志津テニスクラブ)/西郷幸奈(フリー)が第4シードのバルバラ・ガティカ(チリ)/レベッカ・ペレイラ(ブラジル)を4-6 6-2 [10-5]で破り、優勝を果たした。試合時間は1時間50分。

 幸奈と里奈の姉妹コンビは、今回がITFツアーで5度目のダブルス出場。妹で18歳の里奈は、プロツアーで初のタイトル獲得となった。

 今大会での西郷姉妹は、1回戦でアイオナ・ガスパール/ガブリエラ ニコール・タタラス(ともにルーマニア)を7-6(2) 6-1で、準々決勝で第3シードのアグネス・バクタ(ハンガリー)/アニタ・フサリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)を7-6(5) 6-4で、準決勝ではドガ・トルクメン/イライ・ヨリュク(トルコ)を6-0 6-1で下して決勝進出を決めていた。

 シングルスに出場していた姉の幸奈は準々決勝まで勝ち進み、第5シードのピア・チュック(スロベニア)に3-6 3-6で敗れていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、ITFはITFランキング上位枠、JRはITFジュニア枠、Altは繰り上がり出場、Ret.は途中棄権

日本人選手の結果

シングルス準々決勝

●31西郷幸奈(フリー)3-6 3-6 ○25ピア・チュック(スロベニア)[5]

シングルス2回戦

○31西郷幸奈(フリー)6-1 6-3 ●30清水映里(早稲田大学)[Q]

●28松田美咲(亜細亜大学)[Q] 7-6(2) 1-6 5-7 ○25ピア・チュック(スロベニア)[5]

シングルス1回戦

○31西郷幸奈(フリー)3-6 3-2 Ret. ●32イリナ・フェテカウ(ルーマニア)[2]

●14細木咲良(原商)[Q] 4-6 2-6 ○13ニカ・ラディシッチ(スロベニア)

○30清水映里(早稲田大学)[Q] 4-6 6-1 6-3 ●29ゾジヤ・カルダバ(ジョージア)[JR]

○28松田美咲(亜細亜大学)[Q] 7-6(7) 6-4 ●27アグネス・バクタ(ハンガリー)

●22西郷里奈(志津テニスクラブ)[Q] 6-7(2) 2-6 ○21アマンダ・カレラス(イギリス)[Q]

ダブルス決勝

○7西郷里奈/西郷幸奈(志津テニスクラブ/フリー)4-6 6-2 [10-5] ●12バルバラ・ガティカ/レベッカ・ペレイラ(チリ/ブラジル)[4]

ダブルス準決勝

○7西郷里奈/西郷幸奈(志津テニスクラブ/フリー)6-0 6-1 ●3ドガ・トルクメン/イライ・ヨリュク(トルコ)

ダブルス準々決勝

○7西郷里奈/西郷幸奈(志津テニスクラブ/フリー)7-6(5) 6-4 ●5アグネス・バクタ/アニタ・フサリッチ(ハンガリー/ボスニア・ヘルツェゴビナ)[3]

●15細木咲良/Deniz PAYKOC(原商/トルコ)[WC] 6-4 3-6 [7-10] ○13Sowjanya BAVISETTI/ペトラ・ヤヌスコバ(インド/カナダ)

ダブルス1回戦

○7西郷里奈/西郷幸奈(志津テニスクラブ/フリー)7-6(2) 6-1 ●8アイオナ・ガスパール/ガブリエラ ニコール・タタラス(ルーマニア)

○15細木咲良/Deniz PAYKOC(原商/トルコ)[WC] 不戦勝 ●16イリナ・フェテカウ/オアナ ゲオルギータ・シミオン(ルーマニア)[2]

●10松田美咲/清水映里(亜細亜大学/早稲田大学)[Alt] 6-1 2-6 [9-11] ○9ブラダ・エシバロワ/マリア・ゾトバ(イスラエル/ロシア)

※写真は昨年の全日本選手権での西郷幸奈(フリー/右)と西郷里奈(志津テニスクラブ/左)
撮影◎宮原和也 / KAZUYA MIYAHARA


This article is a sponsored article by
''.