ATPツアー下部大会の「横浜慶應チャレンジャー国際テニストーナメント」(チャレンジャー80/神奈川県横浜市・慶應義塾大学日吉キャンパス/2月5日~3月3日/賞金総額5万4160ドル/ハードコート)は最終日を迎え、単複の決勝が行われた。

 海外勢同士の対戦となった男子シングルス決勝は、第11シードのクォン・スンウー(韓国)が第2シードのオスカー・オッテ(ドイツ)を7-6(4) 6-3で下し、全試合ストレート勝利で優勝を果たした。試合時間は1時間15分。

 チャレンジャー大会の決勝は4度目だった21歳のクォンは、初めてタイトルを獲得した。2017年の横浜では、杉田祐一(三菱電機)に4-6 6-2 6-7(2)で敗れて準優勝に終わっていた。

 今大会でのクォンは、初戦となった2回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)の今村昌倫(慶應義塾大学)を6-2 6-2で、3回戦で第5シードのマッツ・モレイン(ドイツ)を6-2 6-4で、準々決勝でイ・ダクヒ(韓国)を6-1 6-0で、準決勝では第3シードの杉田を6-3 6-2で破って決勝進出を決めていた。

 男子ダブルス決勝は、モエス・エチャルギ/スカンデル・マンスーリ(ともにチュニジア)が第1シードのマックス・パーセル/ルーク・サビル(ともにオーストラリア)を7-6(6) 6-7(3) [10-7]で倒して大会を制した。

 試合は雨天により、室内コートで行われた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、ITFはITFランキング上位枠

男子シングルス決勝

○9クォン・スンウー(韓国)[11] 7-6(4) 6-3 ●64オスカー・オッテ(ドイツ)[2]

男子ダブルス決勝

○10モエス・エチャルギ/スカンデル・マンスーリ(チュニジア)[ITF] 7-6(6) 6-7(3) [10-7] ●1マックス・パーセル/ルーク・サビル(オーストラリア)[1]

画像: 男子ダブルス優勝のモエス・エチャルギ(中央)とスカンデル・マンスーリ(左)

男子ダブルス優勝のモエス・エチャルギ(中央)とスカンデル・マンスーリ(左)

※トップ写真は男子シングルス優勝のクォン・スンウー(韓国/左)
写真提供◎横浜慶應チャレンジャー広報部

This article is a sponsored article by
''.