ITF(国際テニス連盟)の女子ツアー下部大会「横浜慶應チャレンジャー国際テニストーナメント」(ITFワールドテニスツアーW25/神奈川県横浜市・慶應義塾大学日吉キャンパス/3月4~10日/賞金総額5万4160ドル/ハードコート)の本戦が始まり、初日は女子シングルス1回戦5試合と女子ダブルス1回戦5試合が行われた。

 シングルスは、ガブリエラ・テイラー(イギリス)、グリート・ミネン(ベルギー)、エレナ ガブリエラ・ルセ(ルーマニア)、リー・フアチェン(台湾)、アンナ・モルジナ(ロシア)が2回戦に進出。第2シードのリウ・ファンジョウ(中国)がルセに0-6 2-6で、第3シードのレベッカ・スランコバ(スロバキア)がミネンに5-7 1-6で、第6シードのデヤナ・ラダノビッチ(セルビア)はリーに6-4 3-6 4-6で敗れた。

 ダブルスでは、第1シードのチェ・ジヒ/ハン・ナレ(ともに韓国)、第2シードのラトゥーヤ・ボーセール(インド)/大前綾希子(島津製作所)、ルセ/テイラー、鮎川真奈(エームサービス)/エレナ・イン アルボン(スイス)、リー/ヌニダ・ルアンナム(タイ)が初戦を突破した。

 予選決勝も行われ、第9シードの岡村恭香(橋本総業ホールディングス)、大前綾希子(島津製作所)、秋田史帆(橋本総業ホールディングス)、キャサリン・ハリソン(アメリカ)、牛島里咲(筑波大学)、相川真侑花(テニスユナイテッド)の6人が本戦入りを決めている。

 3月6日(水)は10時00分から、女子シングルス1回戦残り11試合と女子ダブルス1回戦残り3試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、ITFはITFランキング上位、Altは繰り上がり出場

女子シングルス1回戦

○7リー・フアチェン(台湾)[ITF] 4-6 6-3 6-4 ●8デヤナ・ラダノビッチ(セルビア)[6]

○10グリート・ミネン(ベルギー)7-5 6-1 ●9レベッカ・スランコバ(スロバキア)[3]

○12ガブリエラ・テイラー(イギリス)6-1 7-6(5) ●11リャン・エンシュオ(台湾)

○22アンナ・モルジナ(ロシア)[ITF] 6-3 7-5 ●21ロビン・アンダーソン(アメリカ)

○31エレナ ガブリエラ・ルセ(ルーマニア)6-0 6-2 ●32リウ・ファンジョウ(中国)[2]

女子ダブルス1回戦

○1チェ・ジヒ/ハン・ナレ(韓国)[1] 6-1 6-0 ●2ドゥアン・インイン/クワン ヤウ・ウン(中国/香港)

○3リー・フアチェン/ヌニダ・ルアンナム(台湾/タイ)[Alt] 7-6(4) 6-2 ●4平田歩/末野聡子(慶應義塾大学)[WC]

○6エレナ ガブリエラ・ルセ/ガブリエラ・テイラー(ルーマニア/イギリス)6-2 6-3 ●5穂積絵莉/内島萌夏(日本住宅ローン/昭和の森ジュニアテニススクール)[3]

○13鮎川真奈/エレナ・イン アルボン(エームサービス/スイス)6-4 7-5 ●14尾﨑里紗/佐藤南帆(江崎グリコ/有明ジュニアテニスアカデミー)[WC]

○16ラトゥーヤ・ボーセール/大前綾希子(インド/島津製作所)[2] 4-6 6-3 [10-6] ●15梶谷桜舞/リウ・ファンジョウ(島津製作所/中国)

シングルス予選決勝

○1相川真侑花(テニスユナイテッド)[Alt] 1-6 6-2 [10-6] ●4リン・ジャン(香港)[11]

○8岡村恭香(橋本総業ホールディングス)[9] 6-1 3-6 [10-6] ●5アビー・マイヤーズ(オーストラリア)[2]

○10秋田史帆(橋本総業ホールディングス)6-1 7-5 ●12内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)[7]

------

○15大前綾希子(島津製作所)6-2 6-4 ●14坂詰姫野(Team YUKA)

○19キャサリン・ハリソン(アメリカ)6-3 6-3 ●18チェ・ジヒ(韓国)

○23牛島里咲(筑波大学)7-6(1) 6-1 ●21ラトゥーヤ・ボーセール(インド)[6]

※写真はシングルス1回戦で敗れた第2シードのリウ・ファンジョウ(中国)
写真提供◎横浜慶應チャレンジャー広報部

This article is a sponsored article by
''.