WTAツアー公式戦の「BNPパリバ・オープン」(WTAプレミア・マンダトリー/アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズ/3月6~17日/賞金総額903万5428ドル/ハードコート)の女子ダブルス1回戦で、青山修子(近藤乳業)/リジヤ・マロザバ(ベラルーシ)はチャン・ハオチン/チャン・ラティーシャ(ともに台湾)に2-6 3-6で敗れた。試合時間は1時間。

 両ペアは3週間前にドーハの1回戦で初対戦しており、チャン姉妹が7-6(2) 7-5で勝っていた。

 マロザバと青山は、今大会が14回目のダブルス出場。昨年10月の香港(WTAインターナショナル/ハードコート)と11月の珠海(WTAエリートトロフィ/ハードコート)では準優勝を果たした。

 チャン姉妹は2回戦で、リューメラ・キッシャノック/ナディヤ・キッシャノック(ともにウクライナ)と対戦する。キッシャノック姉妹は1回戦で、デジレイ・クラブチェク/サブリナ・サンタマリア(ともにアメリカ)を6-4 6-1で下しての勝ち上がり。

※写真は昨年のWTAエリート・トロフィー珠海での青山修子(左)/リジヤ・マロザバ
ZHUHAI, CHINA - NOVEMBER 03: Shuko Aoyama of Japan and Lidziya Marozava of Bulgaria compete against Qianhui Tang and Fangyin Xun of China during their women's doubles match on day 5 of the 2018 WTA Elite Trophy Zhuhai at Hengqin Tennis Center on November 3, 2018 in Zhuhai, China. (Photo by Fred Lee/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.