WTAツアー公式戦の「BNPパリバ・オープン」(WTAプレミア・マンダトリー/アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズ/3月6~17日/賞金総額903万5428ドル/ハードコート)の女子シングルス2回戦で、土居美咲(ミキハウス)は第5シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)に7-6(4) 1-6 1-6で敗れた。試合時間は1時間40分。

 今大会に2年ぶりに出場した土居は予選を突破して3度目の本戦入りを決めると、1回戦ではオンス・ジャバー(チュニジア)を6-3 6-3で倒して大会初勝利を挙げていた。前回出場した2017年は、1回戦でアネット・コンタベイト(エストニア)に5-7 4-6で敗れていた。

 この結果でプリスコバは、土居との対戦成績を6勝2敗とした。2016年のウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)では2回戦で対戦し、土居が7-6(5) 6-3で勝っていた。

 プリスコバは3回戦で、予選勝者のイザリン・ボナボントゥー(ベルギー)と対戦する。ボナボントゥーは2回戦で、第28シードのドナ・ベキッチ(クロアチア)を1-6 7-6(5) 6-4で下しての勝ち上がり。

※写真は土居美咲(ミキハウス)
INDIAN WELLS, CALIFORNIA - MARCH 09: Misaki Doi of Japan plays a forehand against Karolina Pliskova of the Czech Republic during their women's singles second round match on Day 6 of the BNP Paribas Open at the Indian Wells Tennis Garden on March 09, 2019 in Indian Wells, California. (Photo by Yong Teck Lim/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.