こんにちは、フェローズスポーツの古川です。

 今回、『ワールドマスターズゲームズ2021関西』をひとつの目標に立ち上げたテニスマガジンのTeam@tenimaga〈チーム・テニマガ〉で、スポーツ上達工房〈上達屋プログラム〉の『テニスアスリート体操』と『Wスピン打法』の指導を担当させてもらいます。アスリート体操は50歳になった私に『伸びしろはまだまだあるよ』と教えてくれました。

 今後、このブログで私が実際に行っている『アスリート体操』と『Wスピン打法』を使った練習を中心に更新していこうと思います。このアスリート体操をやり込む凄さを一人でも多くの方に、そしてワールドマスターズゲームズやそのほか試合出場を目指す方々に知っていただきたいです。

 ちなみに、私もワールドマスターズゲームズで金メダルを目指します!

 今回は私たちが練習前に、そして一般のグループレッスンでも取り入れている『テニスアスリート体操』の種目のひとつ、『ジャイロピッチ』→『ジャイロストローク』を紹介しましょう。

 前回のブログ動画では『ジャイロストローク』の紹介でしたが、今回は『ジャイロピッチ』もアップしました。この『ジャイロピッチ』を行ったあとに、『ジャイロストローク』を行なったほうが断然、カラダのキレが出ます。

↓前回のブログ

画像: ジャイロピッチ 羽田 youtu.be

ジャイロピッチ 羽田

youtu.be

 ちなみに、あのジョコビッチが練習前に『ジャイロピッチ』をしている動画をYouTubeで見つけました。0:15~ほんの数秒ですが。

画像: Novak Djokovic training with new coaches 2018 youtu.be

Novak Djokovic training with new coaches 2018

youtu.be

 次にラケットに持ち替えて『ジャイロストローク』

画像: ジャイロストローク その1 youtu.be

ジャイロストローク その1

youtu.be

 この練習をやり続けると、このテンポが普通になります。

画像: ジャイロストローク その2 youtu.be

ジャイロストローク その2

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.