ITF(国際テニス連盟)の女子ツアー下部大会「亜細亜大学女子国際オープンテニス」(ITFワールドテニスツアーW25/東京都西多摩郡・亜細亜大学日の出キャンパステニスコート/3月11~17日/賞金総額2.5万ドル/ハードコート)の本戦3日目は、女子シングルス2回戦8試合と女子ダブルス準々決勝4試合が行われた。

 シングルスは、第3シードのデヤナ・ラダノビッチ(セルビア)、第4シードのレベッカ・マリノ(カナダ)、第5シードの清水綾乃(Club MASA)、第6シードのジウリア・ガット モンティコーネ(イタリア)、ガブリエラ・テイラー(イギリス)、15歳のダリア・ロパテツカヤ(ウクライナ)、予選勝者のジョディー アンナ・バレージ(イギリス)とクイン・グリーソン(アメリカ)が8強入り。第1シードのバレンティーニ・グラマティコプーロウ(ギリシャ)がバレージに2-6 4-6で、第8シードの小堀桃子(橋本総業ホールディングス)はロパテツカヤに1-6 5-7で敗れた。

 ダブルスでは、第3シードのエミナ・ベクタス(アメリカ)/タラ・ムーア(イギリス)、大前綾希子(島津製作所)/テイラー、荒川晴菜(フリー)/米原実令(明治安田生命)、ステファニー・バグナー/カロライン・ヴェルナー(ともにドイツ)が準決勝に進出した。

 3月15日(金)は10時00分から女子シングルス準々決勝4試合、13時00分以降に女子ダブルス準決勝2試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、ITFはITFランキング上位枠、Altは繰り上がり出場

女子シングルス2回戦

○4ジョディー アンナ・バレージ(イギリス)[Q] 6-2 6-4 ●1バレンティーニ・グラマティコプーロウ(ギリシャ)[1]

○6ダリア・ロパテツカヤ(ウクライナ)6-1 7-5 ●8小堀桃子(橋本総業ホールディングス)[8]

○9デヤナ・ラダノビッチ(セルビア)[3] 6-2 6-1 ●12ヌニダ・ルアンナム(タイ)[ITF]

○16ジウリア・ガット モンティコーネ(イタリア)[6] 6-3 5-7 6-3 ●13ステファニー・バグナー(ドイツ)[Q]

------

○18クイン・グリーソン(アメリカ)[Q] 6-4 5-7 6-3 ●20エミナ・ベクタス(アメリカ)[Q]

○24レベッカ・マリノ(カナダ)[4] 6-2 6-2 ●21テッサ・アンドリアンジャフィトリモ(フランス)

○25清水綾乃(Club MASA)[5] 6-2 6-3 ●27日比万葉(グラムスリー)

○31ガブリエラ・テイラー(イギリス)6-2 6-4 ●29エレナ ガブリエラ・ルセ(ルーマニア)

女子ダブルス準々決勝

○2荒川晴菜/米原実令(フリー/明治安田生命)[Alt] 4-6 6-2 [10-8] ●3森崎可南子/奥野彩加(筑波大学/フリー)

○8大前綾希子/ガブリエラ・テイラー(島津製作所/イギリス)3-6 6-4 [10-4] ●5チャン・カイチェン/スー・チンウェン(台湾)[4]

○12エミナ・ベクタス/タラ・ムーア(アメリカ/イギリス)[3] 4-6 6-0 [10-1] ●10梶谷桜舞/小関みちか(島津製作所/フリー)

○13ステファニー・バグナー/カロライン・ヴェルナー(ドイツ)[Alt] 6-3 6-2 ●15朝倉菜月/南文乃(亜細亜大学)[WC]

※写真はシングルス準々決勝に進出した第5シードの清水綾乃(Club MASA)
写真提供◎亜細亜大学国際テニス大会事務局

This article is a sponsored article by
''.