ATPツアー公式戦の「BNPパリバ・オープン」(ATP1000/アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズ/3月7~17日/賞金総額903万5428ドル/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、第13シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)がラッキールーザーから勝ち上がってきたミオミル・キツマノビッチ(セルビア)を6-3 6-4で下し、ベスト4に進出した。

 ラオニッチは19歳のキツマノビッチの幸運が間違いなくついえるよう、しっかりと手を打った。この結果でラオニッチは、2014年以降のインディアンウェルズでの戦績を19勝4敗とした。

 風が強く涼しい、よく晴れたその日、ラオニッチはキツマノビッチを72分で片づける過程で13本のサービスエースを決め、1度もダブルフォールトは犯さなかった。

「ボールをスイートスポットでとらえていたにも関わらず、あまり(サービスを)うまく打つことができていなかった」とラオニッチは自分のサービスについて振り返った。

「自分としては、その点についてはもっとよくすることができると思う」

 第7シードのドミニク・ティーム(オーストリア)に対する準決勝で、彼はそうするよう努めることになるだろう。

 第18シードのガエル・モンフィス(フランス)が棄権したため、ティームは不戦勝で4強入りを決めた。モンフィスは左のアキレス腱の故障のためプレーできないことを、コート上で発表した。

 今季の戦績が15勝3敗のモンフィスは、キャリア最高ともいえる年のスタートを切った。彼はここまで非常に好調だったが、ティームに対する過去の対戦成績は0勝4敗だった。

 キツマノビッチは、この大会がマスターズ1000となった1990年以降に準々決勝に至った最初のラッキールーザーとなっていた。

 世界130位の彼は予選決勝で敗れたが、そのあとすぐに運が巡ってきた。大会開始前に3人のシード選手が棄権したため、キツマノビッチがラッキールーザーとなるための道が開けた。第5シードで出場予定だったケビン・アンダーソン(南アフリカ)の代わりにメインドローに入った彼は、1回戦がBYEで免除されることになったのだ。

 そして、この19歳は間違いなく、そのチャンスをフルに活用した。キツマノビッチは第30シードのラスロ・ジェレ(セルビア)を含む3人の選手を破り、セットを落とすことなくラオニッチとのキャリア2度目の対戦にまでこぎつけた。

 しかしそこで、彼の幸運は終わった。

 ファーストサーブからのポイントの88%を取ったラオニッチは、相手に許した3つのブレークポイントのすべてをセーブした。

「彼には失うものは何もないのだということはわかっていたから、僕自身は気を引き締めて臨まなければならかった」とラオニッチは試合後に語った。

 1月のブリスベンでも、ラオニッチはキツマノビッチをストレートで下していた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は準々決勝で対戦したミロシュ・ラオニッチ(カナダ/右)とミオミル・キツマノビッチ(セルビア/左)
INDIAN WELLS, CALIFORNIA - MARCH 14: Milos Raonic of Canada shakes hands at the net after his straight sets victory against Miomir Kecmanovic of Serbia during their men's singles quarter final match on day eleven of the BNP Paribas Open at the Indian Wells Tennis Garden on March 14, 2019 in Indian Wells, California. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.