ATPツアー公式戦の「マイアミ・オープン」(ATP1000/アメリカ・フロリダ州マイアミ/3月20~31日/賞金総額931万4875ドル/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、前年覇者で第7シードののジョン・イズナー(アメリカ)が20本のサービスエースを叩き込み、自分のサーブからはわずか11ポイントしか落とさずに予選勝者のロレンツォ・ソネゴ(イタリア)を7-6(2) 7-6(7)で下した。

 一方、第5シードの錦織圭(日清食品)が彼にとって初戦となる2回戦で、ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)に6-2 2-6 3-6で敗れる番狂わせもあった。ラヨビッチはトップ10選手に対する戦績を3勝14敗とした。

 第16シードのガエル・モンフィス(フランス)はアキレス腱の故障のため、初戦前に棄権を決めた。彼は先週にインディアンウェルズで準々決勝に進みながら、同じ理由から棄権を余儀なくされていた。

 また、前週のインディアンウェルズでマスターズ初制覇を果たした第3シードのドミニク・ティーム(オーストリア)は、ホベルト・ホルカシュ(ポーランド)に4-6 4-6で敗れた。

 そのほかの試合では、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)、第11シードのボルナ・チョリッチ(クロアチア)、第12シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、第17シードのニコラス・バシラシビリ(ジョージア)、第19シードのカイル・エドマンド(イギリス)、第22シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)、第27シードのニック・キリオス(オーストラリア)らが3回戦に駒を進めた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はジョン・イズナー(アメリカ)
MIAMI GARDENS, FLORIDA - MARCH 22: John Isner celebrates his win against Lorenzo Sonego of Italy during the Miami Open Presented by Itau at Hard Rock Stadium March 22, 2019 in Miami Gardens, Florida. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.