ITF(国際テニス連盟)の女子ツアー下部大会「第17回 甲府国際オープンテニス」(ITFワールドテニスツアーW25/山梨県甲府市・山梨学院横根テニス場/3月18~24日/賞金総額2.5万ドル/ハードコート)の大会6日目は、女子シングルス準決勝2試合と女子ダブルス決勝が行われた。

 シングルスは、リー・フアチェン(台湾)がジウリア・ガット モンティコーネ(イタリア)を7-5 6-0で破り、ステファニー・バグナー(ドイツ)はルー・ジンジン(中国)との予選勝者同士の対戦を6-4 6-1で制し、それぞれ決勝に進出した。

 ダブルス決勝は、チャン・カイチェン/スー・チンウェン(ともに台湾)がエミナ・ベクタス(アメリカ)/タラ・ムーア(イギリス)を6-1 6-3で下し、全試合ストレート勝利で優勝を果たした。試合時間は48分。

 チャンとスーのコンビがITFツアーでタイトルを獲得したのは、2月のローンセストン(ITF6万ドル/ハードコート)に続いて通算3勝目となる。

 今大会でのチャン/スーは、1回戦でクイン・グリーソン(アメリカ)/バレンティーニ・グラマティコプーロウ(ギリシャ)を6-3 6-3で、準々決勝で第4シードのアンキタ・レイナ(インド)/エミリー・ウェブリー スミス(イギリス)を6-2 6-2で、準決勝ではワイルドカード(主催者推薦枠)の松本安莉/西里夏子(ともに山梨学院大学)を6-4 6-3で倒して決勝進出を決めていた。

 大会最終日の3月24日(日)は10時30分から、女子シングルス決勝が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]Qは予選勝者、ITFはITFランキング上位枠

女子シングルス準決勝

○5リー・フアチェン(台湾)[ITF] 7-5 6-0 ●13ジウリア・ガット モンティコーネ(イタリア)

○23ステファニー・バグナー(ドイツ)[Q] 6-4 6-1 ●28ルー・ジンジン(中国)[Q]

女子ダブルス決勝

○10チャン・カイチェン/スー・チンウェン(台湾)6-1 6-3 ●7エミナ・ベクタス/タラ・ムーア(アメリカ/イギリス)

※写真は(右から)女子ダブルス優勝のスー・チンウェン(台湾)、チャン・カイチェン(台湾)、準優勝のタラ・ムーア(イギリス)、エミナ・ベクタス(アメリカ)
写真提供◎甲府国際オープン大会事務局
撮影◎渡辺純一

This article is a sponsored article by
''.