「第41回全国選抜高校テニス大会」(3月20日/開会式、21~25日/団体戦:博多の森テニス競技場、22〜26日/個人戦:博多の森テニス競技場、春日公園テニスコート)の大会最終日、26日(火)は男女個人戦の準決勝と決勝が行われた。

 女子決勝は近畿勢同士の対戦となり、山口瑞希(城南学園2年)が松下菜々(相生学院2年)を5-7 6-0 6-4で破り、優勝を果たした。

 東海勢同士の対戦となった男子決勝は、影山太星(名経大市邨2年)が大田空(四日市工2年)を6-2 6-1で下してタイトルを獲得した。

 優勝した影山と山口は、USオープン・ジュニア予選の出場権を獲得した。

 個人戦(23~26日)は、団体戦出場チームの登録No1選手が対象で、団体戦が終了すると個人戦トーナメント表の指定位置に名前が入る変則ドローを採用。
 
 個人戦の予選および本戦1回戦から4回戦までは8ゲームズプロセット、準決勝、決勝は3セットマッチで行われる。

※記録は大会公式サイトの試合速報をもとに随時更新します。完全記録ではありません。

※氏名の左数字はドロー番号、丸数字は学年

男子個人決勝

○46影山太星②(名経大市邨)6-2 6-1 ●2大田空②(四日市工)

男子個人準決勝

○2大田空②(四日市工)6-4 6-3 ●1高畑里玖②(相生学院)

○46影山太星②(名経大市邨)6-1 6-3 ●48田中瑛大②(湘南工大附)

女子個人決勝

○32山口瑞希②(城南学園)5-7 6-0 6-4 ●1松下菜々②(相生学院)

女子個人準決勝

○1松下菜々②(相生学院)6-2 4-6 6-3 ●2大川美佐②(法政二)

○32山口瑞希②(城南学園)6-1 6-3 ●48髙岡鈴蘭①(沖縄尚学)

※写真は個人戦優勝の影山太星(名経大市邨2年/左)と山口瑞希(城南学園2年/右)
撮影◎上野弘明 / HIROAKI UENO

This article is a sponsored article by
''.