WTAツアー公式戦の「マイアミ・オープン」(WTAプレミア・マンダトリー/アメリカ・フロリダ州マイアミ/3月19~30日/賞金総額903万5428ドル/ハードコート)の女子シングルス準決勝で、第2シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第5シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)に5-7 1-6で敗れ、ハレプの世界ナンバーワン復帰のプランは座礁した。

 自らのミスがハレプの行く手を遮った。午前0時の少し前に、雨によってこの日6度目となる中断が起きたとき、プリスコバは第2セットで5-0とリードしていた。世界ランク3位のハレプは、この準決勝に勝てば大坂なおみ(日清食品)を追い越し、世界1位に返り咲くはずだった。

 ハレプは第1セットで5-3とリードしていたが、そこから崩壊し始めた。プリスコバはコートチェンジで雨が降り出す前に、9ゲームを連取したのだ。

 雨が止み、コートが乾くのを1時間ほど待ったあと、プリスコバは勝利を決定づけるのにわずか4分しか必要とせず、試合は午前1時11分に終了した。それはプリスコバの母国チェコでは、金曜日の朝7時11分に当たる。ハレプの国ルーマニアでも、やはり金曜日の朝だった。

 これに先立ち行われたもうひとつの準決勝では、第12シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)が第21シードのアネット・コンタベイト(エストニア)を6-3 6-3で下し、同大会で初の決勝進出を決めていた。

 バーティは5年前、17歳にしてバーンアウトしたと言ってテニスから離れていき、3年前に戻ってきた。そして22歳になった今、彼女はこれまでになくいいプレーをしている。

「私はタイトルをかけて戦えるポジションに自分を置くことができるようにするため、今週を通して正しいことをやってきた」とバーティは試合後に語った。

 来週にキャリア最高となる世界ランク9位に上昇することになるバーティは、コンタベイトに対する準決勝のために午後1時にコートに出て行った。しかし、2時08分までプレーは始まらず、遅延はそこからスタートしたに過ぎなかった。

 ふたりは6分間で3ゲームをプレーしたが、そこから試合途中に起きた最初の雨による中断で、2時間待たされることになった。再開後、ふたりはもう1ゲームプレーしたが、そこでまたも雨が到来し、さらに2時間の遅延を余儀なくされた。

 試合がついに終わったときには、午後7時32分になっていた。コンタベイトはマッチポイントをフォアハンドのドロップショットで凌いだが、次のポイントでサービスエースによってとどめを刺された。バーティは第2セットで一時1-3とリードされていたが、そこから最後の5ゲームを連取した。

「すごく長い1日だった」とバーティは振り返った。彼女は待機の間、ロッカールームでコーヒーを飲み、ゴルフを見て過ごしていたのだという。

「でもそれは私にとって、コートに出ていき、もうひとつの試合をプレーする好機でもあった。天気をコントロールすることはできないしね」

 そんなわけで、この日の勝者は、ロジャー・フェデラー(スイス)、デニス・シャポバロフ(カナダ)、バーティ、プリスコバ、そして雨だったのである。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はシモナ・ハレプ(ルーマニア)
MIAMI GARDENS, FLORIDA - MARCH 28: Simona Halep of Romania walks off after her match against Karolina Pliskova of Czech Republic during day eleven of the Miami Open tennis on March 28, 2019 in Miami Gardens, Florida. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.