WTAツアー公式戦の「GNP保険オープン」(WTAインターナショナル/メキシコ・モンテレイ/4月1~7日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、加藤未唯(ザイマックス)は第5シードのビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に4-6 2-6で敗れた。試合時間は1時間14分。

 今大会に2年連続出場となる加藤は、予選3試合を勝ち抜き本戦入り。昨年は予選2回戦で、サブリナ・サンタマリア(アメリカ)に6-1 3-6 3-6で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。今季初めてシングルスに参戦した加藤がWTAツアーの本戦でプレーしたのは、昨年9月の広島(WTAインターナショナル/ハードコート)以来だった。

 アザレンカは2回戦で、ザリナ・ディアス(カザフスタン)と対戦する。ディアスは1回戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)のレナタ・ザラズア(メキシコ)を7-5 6-4で下しての勝ち上がり。

 二宮真琴(橋本総業ホールディングス)とのペアでダブルスに第1シードで出場している加藤は、1回戦でハリエット・ダート(イギリス)/バレリア・サビンキ(ロシア)と対戦する予定となっている。

※写真はオーストラリアン・オープンでの加藤未唯(ザイマックス)
撮影◎小山真司 / SHINJI OYAMA

This article is a sponsored article by
''.